<RED BULL MUSIC FESTIVAL TOKYO 2017>、キック、水カン、中田ヤスタカ、Nulbarichライブ映像ほかWEBスペシャルコンテンツが登場

twitterツイート

レッドブルが日本の音楽に“翼をさずける”をテーマに<レッドブル・ミュージック・フェスティバル 東京 2017>を10月22日(日)〜11月17日(金)まで初開催した。

本イベントでは計25日間、26会場、139組(310名)のアーティストによるパフォーマンスが繰り広げられ、総勢15,240 人が来場、その中にはKICK THE CAN CREW、水曜日のカンパネラ、中田ヤスタカ、Nulbarich、大貫妙子、小西康陽、小室哲哉&脇田玲、DJ KRUSH、MURO、Joy Opposites、Seiho & Okadada、MERZBOW、ASA-CHANG、灰野敬二、蓮沼執太、Chip Tanaka、Ken Ishiiなど錚々たる面々が登場した。BARKSでも告知・レポートと追いかけてきたので、ご存知の読者も多いだろう。



そんな<レッドブル・ミュージック・フェスティバル 東京 2017>のオフィシャル・アフタームービーが公開された。

▲KICK THE CAN CREW
▲水曜日のカンパネラ
▲中田ヤスタカ
▲Nulbarich

また、レッドブルのオフィシャルサイトでは各イベントのライブレポート(写真付き)のほか、4方向からアー ティストに囲まれてライブを楽しむユニークな演出が話題となった<SOUND JUNCTION>から、KICK THE CAN CREW、水曜日のカンパネラ、中田ヤスタカ、Nulbarich の、それぞれのライブ映像を公開中だ。



さらに音楽プロデューサー今井了介がヒットソングの生み出し方を教える<TINY VOICE WORKSHOP> のフルバージョン映像も公開中で、どちらも当日訪れた人はもちろん、残念ながら足を運べなかったというファンにとってもうれいしい内容となっている。

▲DJ KRUSH

今後もDJ KRUSH によるパブリックレクチャー、ノイズとパフォーマンスアートの<ENTER THE NOISE>、一発勝負の即興セッション<ROUND ROBIN>など、注目イベントの数々を映像コンテンツで公開していく予定となっている。これに加えて、渋谷とアーティストをヴィンテージカメラで撮影した“時代を超えるフォトセッション”、タワーレコード渋谷の歴史と日本の音楽シーンを振り返るインタビューシリーズなど、WEBだけのオリジナルコンテンツも用意。近日中には<SOUND JUNCTION>スペシャルVRムービーを配信予定となっており、<レッドブル・ミュージック・フェスティバル 東京 2017>はオンライン上でまだまだ楽しめそうだ。

◆<レッドブル・ミュージック・フェスティバル東京2017> WEBスペシャルコンテンツ
◆<レッドブル・ミュージック・フェスティバル東京2017> BARKS内特設サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報