【ライブレポート】9nine、充実の<Quattro Formaggi>完成。“ハニー”を加え特別なライブに

twitterツイート

パフォーマンスガールズユニットの9nineが12月26日(火)、Zepp Tokyoでのワンマンライブ<Quattro Formaggi>を開催した。

◆9nine画像

今回のライブは9月9日“9nineの日”に開催が発表され、準備期間に3ヶ月を費やした年末締めくくりとなるワンマンライブ。ライブタイトルには4種類のチーズを用いたピザの名前が付けられ、メンバー4人それぞれの個性を引き出すことが意識された。


Zepp Tokyoに集結したファンが待ち構える中、オープニングでは白いドレスに身を包んだ4人が一階観客席からゆっくりとステージへ向かっていく。ライブはアニメ『THE REFLECTION ザ・リフレクション』EDテーマとなった「SunSunSunrise」からスタート。ステージに上ってからも勢いに任せたパフォーマンスではなく、ミディアムテンポでダンスと歌唱からしっかり入っていく。4人でのフォーメーションで繰り出される精密なダンスにはライブの幕開けにふさわしい集中力の高さが伺えた。ダンス面でグループの土台を担うのは最年少のひろろ(村田寛奈)だ。もうすぐ誕生日を迎える彼女にとって、このライブは20歳最後のライブとなる。

MCではちゃあぽん(西脇彩華)がライブタイトルの語源を改めて説明。さらにここでピザの「クワトロフォルマッジ」に欠かせないもう一つの要素として全体にかけるハチミツがあることを伝え、この日ライブに来た観客を「ハニー」と呼ぶことにした。ライブを行なう上でファンも重要な要素として巻き込んでいくのはいかにもこの公演らしい。ちゃあぽんがライブの各所で「ハニー!」と呼びかけると、そのたびに会場全体から大きな歓声が応えた。

また、9nineのライブで恒例となっている、観客がどこから来たかを記録していく「9nineマップ」のコーナーでは県名が大部分伏せられた日本地図を前に4人が格闘する。兵庫県の場所に苦戦するかんちゃん(吉井香奈恵)を兵庫県出身のひろろが「しょうがない、勉強や」と先生目線で見守り、茨城県の場所を当てるターンでは“納豆”というヒントから「東京に近いはず」と当てにいくうっきー(佐武宇綺)と「絶対このへんだって!」と東北地域のかなり上を指差すちゃあぽん。(なお、観客のリアクションもノリがいい。)2018年もこのコーナーは続いていきそうだ。

その後、中盤ではこの日だけのスペシャルコーナーとして「Cross Over」のストリングス・バージョンも披露され、スポットライトの中にプリンセスのように入ってきたかんちゃんがソロのアカペラから輝くような歌声を響かせた。(のちのMCでこの演出はちゃあぽんが「かんちゃんにやってほしい…!」と発案していたことが明らかになった)一人一人のソロでの歌唱と、4人で歌った時のハーモニーに焦点をあてるブロックに会場もじっと聞き入り拍手を送る。



この日のステージセットはメインステージの他に、奥に一人分ずつのミニステージが4つ横並びというシンプルな構成だったのだが、彼女たちのパフォーマンスだけで余計な演出がなくとも十二分に魅了される。演出に頼らず4人のパフォーマンス力で勝負するという裏テーマにも、彼女たちが非常に丁寧に向き合ってきたことが全編を通して伝わってきた。

後半戦では、うっきーが自身のDJの師匠・アボカズヒロと共にMIXに参加した9nineメドレーを披露。アーティスティックなサウンドながら全体のBPMをちょっぴり上げて観客のテンションを上昇させていく。「もう休んでいる暇はありませんよ!」という声掛けから、ラストは「Evolution No.9」「Why don't you RELAX?」とキャッチーな鉄板曲でたたみかけた。

アンコールでは、メンバー4人からファンへと直接感謝の言葉が届けられた。「始まったらあっという間でした。もうすぐ終わっちゃうと思うとさびしい。みんなの顔を見るのが本当に好きで、幸せな時間やなって改めて実感できるライブでした」とかんちゃん、「ステージに立ってから空気感がキラキラしてて、自分の中でも素敵な光景を見させてもらったなと思いました。今日は特別なライブを実現できたと思いました。ありがとうございます」とひろろ、「こうしてみんなが来てくれたから今日のライブは成功になります。来年はこの感謝の気持ちを倍返しできるように頑張ります!」とうっきー、そしてグループ全体のまとめとして「今年は9nineとして沢山のことを経験して、4人の絆がさらに深まった一年だったなと思います。4人で何か良いものを作りたいと思って一年駆け抜けてきて、その集大成がこのステージでした。みんなにそれが伝わっていたらいいと思うし……でもそんなことどうでもいいぐらい楽しかったです(笑)。3ヶ月間ほぼ毎日リハや何かしらやっていて、つらいなと思った時の気持ちが全部成仏しました」と語ったちゃあぽん。ラストは「SHINING☆STAR」で爽やかに締めくくられ、終演後には観客席からいつまでもやまないダブルアンコールの声に4人がアナウンスで「ありがとう!」と暖かい声をあげた。

来年に向け、ステージでは「9nineにちなんで全国9都市でのツアーやりたいね!」とやりたいことを語っていた9nine。どんな場所でもパフォーマンスで勝負できることを証明した彼女たちが2018年には何を見せてくれるのか、楽しみでならない。



■セットリスト 9nine<Quattro Formaggi>

2017年12月26日(火) Zepp Tokyo
1.SunSunSunrise
2.パリナイ
3.Just A 恋
4.9nine o'clock
5.White Wishes
6.LOVE VAMPIRE
7.colorful
8.困惑コンフューズ
9.ケセラセラヴ
10.Angel drops
11.Cross Over(ストリングスVer.)
12.メドレー(With You / With Me ~ Love me? ~ シ、グ、ナ、ル。 ~ Prism Drops & Falls ~ Re:)
13.Party 9
14.out of the blue
15.Evolution No.9
16.Why don't you RELAX?
17.JI・TA・BA・TA
18.SHINING☆STAR

◆9nineオフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報