【インタビュー】THE PREDATORS後編「旅行気分でアメリカ・ツアーとかやってみたいね」

twitterツイート

the pillowsの山中さわお(Vo,G)とGLAYのJIRO(B)が2005年に結成、2010年にELLEGARDEN、Scars Boroughのドラマー 高橋宏貴が加入して現在に至るスーパー・バンド、THE PREDATORS。2015年、結成10周年を迎えた彼らは5thアルバム『ROCK’N’ROLL PANDEMIC』をリリース。作品がリリースされるたびに、敢行されるツアーでは、それぞれの本体のバンド編成とは異なる、ギター、ベース、ドラムという究極の3ピースで自由奔放なパフォーマンスを魅せつけてきた。ときにツアー中に生まれた出来立ての新曲を披露したり、メンバーにも内緒でステージ上で最前列の観客に歌詞カードを持ってもらって新曲を演奏したり、楽器パートを交換するなど、そのフレキシブルなステージングでファンを驚かせてきた。

2018年、THE PREDATORSはまた動き出す。1月10日(水)にライブ会場と通販限定シングル「Arabian dance」をリリースし、1月18日(木)・渋谷CLUB QUATTROから全国8カ所を回る「Arabian Dance Tour」で、またファンのドキドキ、ワクワクの期待に応えるパフォーマンスを繰り広げてくれるはずだ。

◆【インタビュー前編】「シンプルなロックンロールはこのバンドで追求したい」

■ツアー・メニューはthe pillowsツアー中に決める。ツアー中ヒマだから(笑)

ーー新曲も加わって、1月にはツアーにも回られますが、5枚のアルバムがレパートリーになってライブのメニューを作るのに選択肢もかなりできたと思うんですけど、“次のライブに関してはこんなメニューにしてやろう”みたいな思いがあれば教えて下さい。

山中:いやぁ、まだね、しゃべってる今、しゃべってる僕はthe pillowsのツアー前なので、THE PREDATORSのことを考える余裕は全くないから。the pillowsのツアーが始まってしまえば、ツアー中ってヒマじゃない。だから、そのときに考えます。

▲JIRO

JIRO:いやぁ、でも俺は知ってますよ。さわおさんが弾いててラクな曲ってことを(笑)。

山中&高橋:爆笑

山中:あー、確かに、確かに。苦手な曲をだんだんメニューから外していくもんね。

JIRO:「Recall me」(ファースト・アルバム『Hunting!!!!』に収録)とか。

山中:そうだね。あれ難しいね。

高橋:あれっ、つい見送っちゃったんですけど、「ツアー中、ヒマ」ってどういうことですか?

山中&JIRO:爆笑

山中:だってさ、ツアーって言ってもライブで2時間、でしょ。で、その前リハも入れて4時間くらい。でも俺らは、ライブ、移動、ライブ、移動でさぁ、2日間で4時間ぐらいしか忙しくない訳じゃない。めちゃめちゃヒマだよ。だからそうなったら、the pillowsのツアー中にTHE PREDATORSの曲をふたりに「これでどうですか」って。なるべく自分が堂々とステージに立てるであろう曲を用意して。

JIRO:大事ですね(笑)。

山中:ちなみに前回の高橋くん(作曲)の「START!」、知ってると思うけどめちゃめちゃ苦手なのね。演んないよ(笑)。

JIRO&高橋:爆笑

山中:だって凄い苦手なんだもん。めちゃめちゃ緊張する、あれ。だから、あれはあのときでおしまい。それだけ決まってます。「START!」を演らないことだけは決まっている(笑)。あとは決まってないです。


◆【インタビュー前編】「シンプルなロックンロールはこのバンドで追求したい」
◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報