メガデス、新作のレコーディング開始は「多分、来年半ば」

twitterツイート

メガデスのデイヴ・ムステインが、Twitterを通じ、ファンから寄せられた新作についての質問に答え、レコーディングは多分、2018年半ばに始めるだろうと明かした。

◆デイヴ・ムステイン画像

ムステインは木曜日(12月28日)、「新CDのレコーディングはどう? 2018年に聴ける?」と問われると、「俺ら、レコーディングはまだ何も始めてない。Dystopiaのとき同様、アイディアを集めているところだ…」と答え、続く「間もなくスタジオに入る予定?」との質問には「俺はいつだってスタジオで作業してる。ニュー・レコードのことか? それは多分、18年半ばになるだろう」と返した。

メガデスの新作は、2016年1月にリリースされた『Dystopia』以来。彼らはこのアルバムで、初のグラミー賞(最優秀メタル・パフォーマンス)を手にした。

メガデスは現時点で、2018年は5月中旬からツアーを予定しており、6月いっぱいまでそれに忙しくなりそう。ニュー・アルバムの発表は2019年になるかもしれない。



Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報