アイドル・Kawaii TOP20【2017年をBARKSニュースで振り返る】

twitterツイート

一年間夢中で推しを追いかけてきた日々を振り返る時間になりました。年末恒例BARKSランキング、アイドル・女性アーティスト部門です。今年は昨年セクシーニュース枠だったお姉さんたちも加えてのランキングということで、総合格闘技的な様相を呈しております。

▲撮影◎Tsukasa Miyoshi (Showcase)/提供◎WOWOW

一位を獲得したのはBABYMETAL。今年は色々な海外レジェンドたちのツアーにも帯同し、そのパフォーマンス力を音楽通や洋楽ファンに見せつけた年でした。9月・10月にさいたまスーパーアリーナ・大阪城ホールで開催した<巨大キツネ祭り in JAPAN>を振り返ったのが1位の記事です。“アイドルシーンには全てのジャンルが含まれている”と誰かが言っていたのを思い出します。アイドルユニット「さくら学院」の部活動からスタートして、アイドル×メタルに真摯に向き合ってきた彼女たちの沸点はまだまだ上がりそうです。


そして、二位にランクインしてきたのは神谷えりな(仮面女子)。セクシーニュースと動画の相性は抜群でした。GカップでもTシャツの早脱ぎはできるのか? そんな素朴な疑問に体当たりで応えてくれています。また、四位以下には昨年のセクシーニュースランカーである浅川梨奈も存在感を見せてくれています。今年癒された皆さんはこの機会に感謝を捧げておきましょう。



2017年は大きな卒業・解散ライブも重なりました。三位には乃木坂46・橋本奈々未の卒業ライブレポがランクイン。一期生メンバーとしてグループを支えてきた彼女が最後まで見せてくれた潔さは多くのアイドルファンの記憶に残っていくのではないでしょうか。そして℃-uteのラストライブレポも九位に入っています。こちらも惜しまれる熱量を持ったまま、彼女たちがそれぞれ完全燃焼した悔いのないライブとなったように思います。十七位のモーニング娘。工藤遥の卒業ライブレポは掲載から実質二週間でランキング入りしました。彼女はこれから女優の道へと進むとのことなので、いつかこのレポートを懐かしく読む日が来るかもしれません。

新陳代謝の早いアイドルシーンですが、毎年その年だけの輝きがあちこちから飛び出してきます。2018年の輝きも見逃さないようにしたいです。皆様、来年もよろしくお願いいたします。

text by BARKS編集部(宮)

関連リンク

1位 BABYMETALが激闘の果てに示した現在地、<巨大キツネ祭り in JAPAN>をWOWOWで
2位 神谷えりな(仮面女子)、Gカップを揺らしてTシャツ早脱ぎ
3位 【ライブレポート】乃木坂46、橋本奈々未が卒業「選んだ道の先に正解があると信じてます」
4位 浅川梨奈、大原優乃らグラビア業界を席巻する8人によるグラビア誌が登場
5位 スパガ浅川梨奈、ハワイで魅せた“17歳の今”。『週プレ』グラビアで挑戦的な撮影も
6位 【ライブレポート】BABYMETAL、SU-METALとMOAMETALの2人で実施された<LEGEND - S - 洗礼の儀 ->
7位 “1000年に一度の童顔巨乳”浅川梨奈、自分のカラダに「凄い!」
8位 倉田瑠夏、“オトナになった”2年ぶりのグラビア
9位 ℃-ute、さいたまスーパーアリーナで見せた有終の美。「team℃-ute愛してるよ!」
10位 スパガ浅川梨奈、渡邉幸愛らがマンガに
11位 大原優乃、大胆告白「実は私、Fカップだったんです」
12位 【ライブレポート】乃木坂46、初の東京ドーム2Days決定。46名でのツアー開幕
13位 【ライブレポート】乃木坂46、東京ドーム公演ラスト曲は伊藤万理華センターの「きっかけ」
14位 松野莉奈(私立恵比寿中学)が急逝
15位 CYBERJAPAN DANCERS、ビキニ&チア姿がまぶしい新作ジャケット公開
16位 BABYMETAL、ガンズ・アンド・ローゼズ来日サポート4公演を完遂
17位 【ライブレポート】モーニング娘。'17 工藤遥が卒業「次の夢は主演作品の主題歌をモーニング娘。に歌ってもらうことです」
18位 道重さゆみの「再生」公演が開幕。モーニング娘。'17にも「もっと強気で行ってほしいです」
19位 【ライブレポート】Buono!、ラストライブ“完食”。「皆の心の中にずっと残っていってほしい」
20位 “1000年に一度の童顔巨乳”浅川梨奈、写真集の重版決定。等身大写真集にも注文あり

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス