【インタビュー】ENDLESS、ラストライブ直前に語る「自分で汚したくなかった」

twitterツイート

ENDLESSが2018年1月27日、Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて開催する<ENDLESS ONE MAN GIG The sky is the limit - Final Chapter ->をもって活動を休止する。ヴォーカル&ギターのSHIGEはYUKIYA率いるKαinのギタリストだが、2017年11月の赤坂BLITZ公演をラストとして、すでにKαinの活動に終止符を打った。

◆ENDLESS 画像

10代の頃にENDLESSを結成。1999年にメジャーデビューを果たし、瑞々しくも切ない想いを音楽に落とし込んできたSHIGEが節目の年齢を迎え、今回の結論を出したのはなぜだったのか? デビュー後に突然活動を休止した7年の謎の空白期間は何を意味していたのか? これまであまり語られることがなかった自身の心情、音楽に対するストイック過ぎるほどのこだわりが明かされるロングインタビューは、ENDLESSのSHIGEとして最後の言葉となるであろう重みを纏う。

   ◆   ◆   ◆

■乖離しきってしまう前に
■終わらせたかった

──まず、2017年の11月に赤坂BLITZで開催されたKαin活動休止のライブを終えて、SHIGEさんの心境は?

SHIGE:Kαinは10年続けてきたバンドで、最後のステージだったから、とにかく後悔しないように。ずっと一緒にやってきたメンバーのことを考えながら演奏していました。特にバンド内のいさかいがあったわけではないし、メンバーもお客さんも温かく送り出してくれたことが印象に残っています。

▲SHIGE(Vo&G)

──ENDLESSは2018年1月27日の渋谷マウントレーニアホールワンマン公演を最後に無期限活動休止となりますが、決断した理由は何だったんでしょう? Kαinを含む全ての音楽活動をやめてしまうということですか?

SHIGE:全てをやめてしまうということではないんです。ENDLESSを止めようと思ったキッカケは『Closing World』(2014年発表ミニアルバム)を作った時までさかのぼるんですが、初めて“終わり”をテーマに作ったのがそのアルバムで、それまで僕はいろいろな終わりに向き合えていなかったんですけど……。

──バンドに限らず、人間関係の終わりだったり?

SHIGE:全てにおいて。全てのものに終わりが来るのだという現実に向き合いながらアルバムを制作したその時に、自分の引き際というか、ENDLESSを止めるのはいつだろう?って初めて考えたんです。もともとENDLESSは僕が10代の頃に始めたバンドで……。

──高校生の時から活動していたんですよね?

SHIGE:月に1回ぐらい定期的にライブを、と言っても友人などが来てくれるようなバンドで。それでも動員はいつも50人から100人近くありましてね、TETSU(Key)とはその頃から一緒に活動しています。ちょっと話は複雑になるんですが、その後、僕はBLÜEというバンドでヴォーカルをやり、YUKIYAさんがヴォーカルのD≒SIREでギターを弾かせてもらって。それからSONY MUSICと契約する機会が訪れて。メンバーはTETSU(Key)と2人なので、高校生の時からやっていたバンド名にしようということで、ENDLESSという名前で1998年から本格的に活動を始めました。

▲TETSU(Key)

──なるほど。ENDLESSではインディーズ時代にギター兼ヴォーカルになったんですよね?

SHIGE:そうですね。レコード会社と契約した時は20歳ぐらいで。それから20年近くの月日が経つ内に、自分がENDLESSに思い描いていたイメージと自分自身が乖離してきているなと思うようになっていったんですね。それは良い変化だとは思っているんですけど、円熟味を増していくにつれて尖っていた部分がなくなったり。失うものもあって、10代の頃に“バンドやろう!”って始めた頃の自分とは違ってくるのも仕方のないことで。

──10代当時、ENDLESSに思い描いていたヴィジョンとは?

SHIGE:それは作品になっているものが全てですけど、僕の中でENDLESSはとてもキラキラしたものだったんですよ。生きていく中で感じる不条理とかハングリーな気持ちや切なさを曲に封じこめていきたいと思っていました。言葉にはできないやるせなさとか。

──感情をグラフにすると揺れが激しかったものが、年齢を重ねるにつれて自分も定まってくるし、揺れも緩やかにはなっていきますよね。

SHIGE:ええ。僕は10代の頃からプロになろうと決めていたので、“こういうバンドでステージに立つ”っていうヴィジョンが明確にあったんです。その当時のコンセプトと今の自分の実像が離れていったのがいちばん大きいですね。

──そういう壁にぶつかったのが2013年ぐらいなんですか?

SHIGE:壁というよりも終わりを見つめて、“この作品が最後になってもいい”っていう気持ちで作ったのが『Closing World』だったんです。そこで納得いくものが出来たことも今回の決断に大きく作用していると思います。いろいろな考え方はありますが、僕は自分が描いたものを自分で汚したくなかったから、乖離しきってしまう前に終わらせたかったんですね。

──そういう想いがどんどん膨らんでいって、今回のENDLESSの結論に至ったということですか?

SHIGE:そうですね。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報