【連載】「藤田麻衣子の恋愛相談室」 case40〜考え方しだい。〜

ツイート


  ◆  ◆  ◆

ペンネーム:呻吟(三重県/男性)

藤田さんのファンの中で男性は少数かと思いますが、詞と歌声に心が洗われる思いで聞いています。

相談という内容ではないのかもしれませんが、聞いていただきたくてメールをしています。

私は結婚もして、妻も子どももいます。生活には満足していて自分では幸せだと感じています。しかし、実は未だに心惹かれる人がいるのです。でもその方はもうこの世にはいません。私が結婚する前に、病気で急逝しました。

彼女とは同じ芸術系の社中に所属し、作品制作など励んできた方です。思いはそれとなく伝えましたが、その後に急変して何も話せないまま別れを迎えてしまいました。片思いでした。

その後10年くらい経て今の妻と知り合い結婚しました。

心を寄せていた人が亡くなって寂しい。こういう思いは長い年月経っても消えません。今でも一人で思い出しては泣くこともあります。そして、まだ家族にも話していません。それが罪悪感に思ったりしています。

20年ほど前の出来事ですが、家族には話しておいた方がよいのでしょうか。秘めておいた方がよいのでしょうか。

人を亡くした悲しみが家族愛を深めると、前向きに生きたいと思いながら、どこかで過去を引きずっています。

★★★

藤田麻衣子

今でも思い出して泣いてもらえるなんて、その女性がもし私なら、もしこの世のことが見えていたらですが、とても嬉しく思います。

罪悪感なんて持つ必要ないと思います。心の中にずっといるのなら、ずっと思っていてはどうでしょうか。忘れる必要などないと思います。

呻吟さんは、今の生活に満足していて幸せだと感じているなら、きっと奥さんやお子さんも笑顔でいるんだと思います。

もしも、誰かに思いを寄せていて、そこで会うとか付き合うだとか、行動をとってしまうのならそれは問題ですが、会わない(現実には“会えない”ですが)まま、ご自分の家族を幸せにしているのなら、何も問題はないし素晴らしいと思います。

私が呻吟さんの立場なら、家族には言わないです。消化できてる思いなら、パートナーには聞いてほしいなーと思って話すかもしれないけど、消化できてない思いなら話しません。友達にも誰一人にも話さないかもしれないです。ずっと胸にしまって、大切に思い続けていきます。どちらにしろもう会えない、触れられない人なんですから。それは裏切りにはならないと思います。

ちなみに、余談ですが、歌を聴いてくださるみなさんは男性の方もたくさんいらっしゃいます。とても嬉しいです。ありがとうございます(^ ^)

  ◆  ◆  ◆

今回もたくさんのおたより、ありがとうございました!

おたよりはこちら↓までお願いします! できるだけ状況が詳しいと嬉しいです★ また、今まで送っていただいたおたよりに、今後お答えすることもあります。

「藤田麻衣子の恋愛相談室」

宛先:fujitamaiko@ve.jvcmusic.co.jp
件名:「藤田麻衣子の恋愛相談室」
(1)ペンネーム
(2)性別
(3)お住まいの都道府県
を本文中にお書きください。

期限はいまのところありませんので、いつでもお送りください。
この記事をツイート

この記事の関連情報