ロバート・プラント最新ライブ、映像作品として発売

twitterツイート

ロバート・プラントが“ザ・センセーショナル・スペース・シフターズ”を率いて行った最新ライブ映像作品『ライヴ・アット・デヴィッド・リンチズ・フェスティヴァル・オブ・ディスラプション』が1月31日に日本先行発売になる。日本盤のみBlu-rayも発売される。

◆ロバート・プラント画像

2016年10月8日&9日にロサンゼルスのエース・ホテル内『ザ・シアター』で開催された<フェスティヴァル・オブ・ディスラプション>で、初日のヘッドライナーを務めたのがロバート・プラントだった。本作のライヴは1,600人の観衆を前にしたもので、この時点での最新アルバム『ララバイ・アンド...ザ・シースレス・ロアー』(2014)からレッド・ツェッペリン・クラシックスまでを交えた選曲でオーディエンスを魅了した。新しいバージョンで蘇える「ブラック・ドッグ」「ゴナ・リーヴ・ユー」「胸いっぱいの愛を」「カリフォルニア」は、ロバートが過去に安住することなく未来へと前進していくことを強くアピールするものとなった。レッドベリーを下敷きにした「プア・ハワード」、マディ・ウォーターズの「フーチー・クーチー・マン」というブルース・スタンダードも見事に生まれ変わっている。

ボーナス映像には、<フェスティヴァル・オブ・ディスラプション>のキュレーターを務めたデヴィッド・リンチが“着想の技術”を語るトーク映像も収録されている。『イレイザーヘッド』『エレファントマン』『ツイン・ピークス』を生んできた映画監督であり、自らアルバムを発表するミュージシャンでもあるリンチがその創造性、瞑想への傾倒、そして音楽について語り尽くすという興味深い内容だ。


ロバート・プラント・アンド・ザ・センセーショナル・スペース・シフターズ『ライヴ・アット・デヴィッド・リンチズ・フェスティヴァル・オブ・ディスラプション』

2018年1月31日日本先行発売予定
【Blu-ray】 ¥5,500+税
【DVD】 ¥4,500+税
※日本語字幕付き/日本語解説書封入
1.プア・ハワード
2.ターン・イット・アップ
3.ブラック・ドッグ [レッド・ツェッペリン]
4.ジ・エンチャンター
5.レインボウ
6.ゴナ・リーヴ・ユー [レッド・ツェッペリン]
7.リトル・マギー
8.フーチー・クーチー・マン [マディ・ウォーターズ]/胸いっぱいの愛を [レッド・ツェッペリン]/モナ
9.カリフォルニア
《ボーナス映像》
1.デヴィッド・リンチ:創造性
2.デヴィッド・リンチ:瞑想
3.デヴィッド・リンチ:音楽

【メンバー】
ロバート・プラント(ヴォーカル)
ジャスティン・アダムス(ギター)
ビリー・フラー(ベース)
ジョン・バゴット(キーボード)
リアム“スキン”タイソン(ギター/バンジョー)
ジュルデー・カマラ(リッティ/コロゴ/ベンディール)
デイヴ・スミス(ドラムス)

◆ロバート・プラント・アンド・ザ・センセーショナル・スペース・シフターズ オフィシャルページ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報