アンスラックスのS・イアン、メタリカのK・ハメットの家に押し入ったときのことを語る

twitterツイート


アンスラックスのスコット・イアンは、夜中、メタリカのカーク・ハメットの家に侵入し、滅多に怒ることのない彼を激怒させたそうだ。

◆スコット・イアン画像

このときの出来事については、最近彼が出版した『Access All Areas: Stories From A Hard Rock Life』の中にも書かれているそうだが、Sirius XMの番組『Jim And Sam Show』に出演したイアンはあらためてこう話した。

「あれは、サンフランシスコでアンスラックスの公演を終えた深夜のことだった。俺とアンスラックスの他のメンバーとメタリカの何人かでストリップ・クラブへ行き、2時半ごろ、俺らはかなり酔っぱらってて、音楽をプレイできる場所を探してたんだ。で、カークがこの街に住んでることに気づいた。彼は家でなにか片付けなきゃいけない問題があって、先に帰ってた。だから俺ら、彼に知らせることなく家に忍び込もうって大人の決断を下したんだ」

「デス・エンジェルってバンドのマーク(・オゼグェダ)が、鍵の隠し場所を知ってて、俺ら、カークの家に侵入して地下のスタジオでジャムすることにした。本当にいいアイディアだと思ったよ。午前3時だ。俺ら、カークの地下室で酔っ払いのブラック・サバス・ジャムを繰り広げた。彼はワクワクなんてしてなかったね。俺はあの時点で、カークのことを10年知ってて、彼が怒ったとこなんて見たことなかった。彼が、君が生涯出会った人の中で最もリラックスした人物になるのは簡単なことだ。でも、あの夜、その全てが変わった。彼は、“怒りそして失望した父親”みたいだったよ。彼は俺の親友の1人だったけど、“君がこんなことするなんて信じられない”って言われた」

さらに悪いことに、侵入者たちは高価なガラスのドアを壊したりもしていたそうだ。

イアンは、このことを書くにあたり、その場で一緒だった5、6人に話を訊きまくり、誰が何をやったか正確に描写するようにしたという。

自叙伝『I'm the Man: The Story of That Guy from Anthrax』(2014年)に続く、イアンにとって2冊目の本『Access All Areas: Stories From A Hard Rock Life』は、12月12日にアメリカで出版された。



Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報