【インタビュー】新世代のクリエイターは歌って踊る── MADKID、メジャーデビュー

twitterツイート


2014年からインディで活動してきたダンスヴォーカル・グループ“MADKID”が1月31日にシングル「Never going back」でメジャーデビューを果たす。これを記念してBARKSでは彼らへのインタビューを実施し、5人が考えるダンスヴォーカル・グループ像や、彼らの表現する音楽について訊いた。MADKIDは、歌って踊る、新しいタイプのクリエイターだ。このフレッシュな感性に是非とも触れてみてほしい。

◆MADKID 画像ページへ

  ◆  ◆  ◆

■ MADKIDはこの5人以外考えられない

── MADKIDはどのようにして結成されたのですか?

KAZUKI:もともとは、みんなそれぞれが音楽活動や芸能活動をしていたんです。高校の同級生だったり、オーディションとかで知り合ったりして、僕とYOU-TA、LIN、YUKIが繋がり意気投合して結成しました。

YOU-TA:最初は、まだSHINではない別のヴォーカリストを入れた5人組のダンスヴォーカル・グループだったんです。僕は高校まで野球一筋で生きてきたんですが、カラオケで友達が僕の歌で泣いてくれたことがきっかけで、高校を卒業してから音楽の道に進みました。その中でMADKIDのプロデュースをしている北浦正尚さんと知り合いまして、ちょこちょこ歌のお仕事をいただいていたんですね。で、MADKIDを結成したタイミングで「プロデュースしてほしい」とお願いしにいきました。

── SHINさんはどんな経緯で加入したんですか?

YOU-TA:SHINは別のグループで活動していて、その頃から存在は知っていました。そのグループが解散しちゃって、僕らもメンバーの脱退があったから、1年くらいずっとSHINをMADKIDに誘い続けてたんですよ。でもなかなかいい返事ももらえなくて。

SHIN:タイミングが合わなかったんですよ。でもたまたま観たMADKIDのライブがあまりにカッコよくて。それで「一緒にやらせてほしい」と僕からお願いしたんです。YOU-TAは本当に男らしいやつで快諾してくれました。今は5人で少しでも高いところに行きたいと思っています。僕は別のグループにいた時に、4人がすごく頑張ってて苦労してきたのを見てたから、余計にそう思う。

── 4人での活動はどんなところが大変でしたか?

YOU-TA:5人でのパフォーマンスを前提に振り付けを作っていたから、1人抜けてしまうとその構成を全部作り変えなきゃいけないんです。僕らはダンスありきのグループなので、メンバーが脱退するたびの降り出しに戻る感覚でした。歌もダンスもパフォーマンスも、やる人によって全然違う。だから僕はメンバーが簡単に脱退してしまう感覚がわからないんですよ。MADKIDはこの5人以外に考えられないですね。

KAZUKI:僕もSHINちゃんがダメなら4人でいいと思ってました。

SHIN:自分で言うのもアレなんですが、僕はちょっとアイドルっぽい雰囲気があるんですよ(笑)。でもそういうのが嫌で。MADKIDはみんなが僕と正反対のキャラクターを持っているので、僕が素のままでいてもちゃんと成立する。本当に理想的なグループだと思います。

YUKI:ダンスヴォーカル・グループというと、どうしてもアイドル的なイメージを持たれてしまうんですけど、僕たちは作詞作曲も自分たちでしているし、この5人でしかできない表現をしていきたいんです。

LIN:そうだね。ダンスヴォーカル・グループなんて、昨今は誰でも簡単に組めちゃいますから。J-POPやK-POPの人気アーティストの感じをパクればいいんですもん。

SHIN:とはいえ僕らがアイドルなのか、アーティストなのかは、最終的に観ている人たちが決めることだから、僕らは自分たちの音楽を追求していくだけです。僕は途中で加入しているからこそ、みんなの人生を背負う覚悟でやってます。

▲左からSHIN、LIN、YOU-TA、YUKI、KAZUKI

── みなさんはどんな曲を聴いてるんですか?

SHIN:最近だと、僕はサム・スミスをめちゃめちゃ聴いてますね。

YOU-TA:僕はDJもするので、いろんな音楽を聴きます。ヴォーカルという部分に関して言うと、ブライアン・マックナイトとかジェイピー・クーパーとかが好きです。日本人だったら玉置浩二さん。歌い回しのテクニックを少しでも吸収したくて。移動の時はEDMが多いですね。

KAZUKI:僕はK-POPが多いですね。あとはジャンルを決めずに好きなものを聴いてます。

YUKI:僕はマイケル・ジャクソンが好きで、彼に影響を受けたアッシャーとかを聴きます。80〜90年代のダンスヴォーカル・グループの曲も好きだな。

LIN:俺はインストものが多いですけど、特に好きなのはtofubeatsさんやseihoさんです。でもラップをはじめたきっかけはPSGなんですよ。

SHIN:みんな違う感性で違う音楽を聴いているので、メンバー同士で音楽の話をすると常に発見がありますね。深まっていくというか。

──楽曲制作はどのように行なっているんですか?

YUKI:制作の時は俺とLINの2人が頭を抱えながらやってます(笑)。

LIN:でも曲によりけりですね。北浦さんがベースを作ってくれることもあるし。そこから全員で煮詰めていきます。

──プロデューサーの北浦さんはどのように制作に関わっているんですか? 彼は東方神起をはじめとするさまざまなアーティストの楽曲制作に携わっていますね。

YUKI:俺らがやりたいことを聞いて、形にしてくれるんです。荒削りなアイディアを整えてくれるというか。

YOU-TA:とにかく仕事が早い。僕らがとまどうスピード感でいろんなことが進んでいきます(笑)。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon