画面分割した演奏動画をカンタンに作成できるiOSアプリ「4XCAMERA」、ひとり演奏やバンド演奏をマルチ画面でクールに演出

twitterツイート

画面を最大4つに分割したミュージックビデオを、iPhone/iPadだけでカンタンに作成することができるiOSアプリ「4XCAMERA(フォーエックスカメラ)」がローランドよりリリースされた。

自分の演奏動画をスマホで撮影し、YouTubeやSNSに投稿するアマチュア・ミュージシャンが増えているが、その投稿動画の多くは1つのアングルで撮影されたシンプルなもの。画面分割など、より本格的な動画を作成するには別途ビデオ編集ソフト必要で、そうカンタンにはいかない。こうしたミュージシャンの音楽活動をより強力にサポートしたいという思いからローランドが開発したのが、iPhoneやiPadだけでカンタンにクールな演奏動画を作成できる「4XCAMERA」だ。

「4XCAMERA」を使えば、ひとりで複数の楽器を演奏して多重録画したり、遠く離れたバンド仲間同士で演奏動画を撮って合成するなど、マルチ画面の演奏動画が手軽に作成できる。使い方はいたってカンタン。まずは一つ目の演奏をiPhone/iPadで録画してアプリ上に保存。それを聴きながら重ね撮りし、公開したい動画をお好みの画面レイアウトに割り当てるだけ。画面比率は、InstagramなどSNSに適したスクエア(1:1)とYouTube投稿に便利な16:9が選択可能、画面比率ごとに10パターンの画面レイアウトを用意する。各動画の音量は調整可能。撮影と合成を別々に行えるので、複数のテイクを撮っておき、撮影後良いテイクだけで合成したり、画面レイアウトを変えて作り直すことができるのも便利だ。


▲ひとりで複数の楽器を演奏して多重録音する例。こちらは2×2のシンプルな分割。

▲同じく4画面の分割だが、こちらは横長2つと縦長2つの組み合わせ。楽器や撮影アングルに合わせて選択ができる。

また、コピー演奏の動画作成にも活躍する。アプリ内ではiPhoneやiPad上の曲にアクセスでき、原曲をガイド・トラックとして使用することが可能。原曲をヘッドホンで聴きながら、自分の演奏やボーカルを動画撮影、動画に録音されるのは自分の演奏のみ。気分を盛り上げながらコピー演奏の動画を作成できるというわけだ。

アプリは無料でダウンロードが可能で、フル機能を使うにはアプリ内課金480円が必要。無料版では2画面までの分割が可能、また、画面上に「Roland」ロゴが表示される。無料版でも録画時間の制限はないので、まずは機能や使い勝手を試してみよう。動作条件はiOS10以降。iPhone5以降、iPad(第4世代以降)、iPad mini2 以降、iPod touch(第6世代以降) 。


製品情報

◆4XCAMERA
価格:無料(アップグレード版はアプリ内課金480円)
発売日:2018年1月8日
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報