ニュージーランドの警察無線でN.W.A.の「Fuck tha Police」が流れる

twitterツイート

ニュージーランド南部で最近、何者かが警察無線からN.W.A.の「Fuck tha Police」を繰り返し流し続けるという愚行を重ね、警察の業務を妨げているそうだ。

◆『Straight Outta Compton』画像

地元の新聞『Otago Daily Times』によると、聴く者をウンザリさせるばかりか、先週末、銃を持った男が目撃され、警官同士で連絡を取り合おうとした際邪魔になるなど、危険な状況を引き起こしているという。

警官の1人は「人々を危険にさらしている。これが続けば応答に遅れが出る」と、同紙に話している。

数日に渡り何度か起きており、N.W.A.のほかレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのカヴァー・ヴァージョンが流れることもあるという。警察は「警察無線の妨害は市民の安全を脅かし、これをしでかしている者には1年以下の懲役が科せられる」とコメントしている。

ニュージーランドでは昨年8月、別の地域の警察無線で豚の鳴き声が流れたこともあったという。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報