Sound Of 2018、第2位発表

twitterツイート

英国の公共放送局BBCが木曜日(1月11日)、2018年活躍が期待される新人のリスト<Sound Of 2018>の第2位に選ばれたアーティストの名を発表した。

◆Rex Orange County画像

BBCは今週月曜日(8日)からトップ5の告知をスタート。5位にPale Waves、4位にKhalid、3位にIAMDDBが選出された。

続いて、2位の座を射止めたのは、英国サリー州出身のポップ・シンガーRex Orange Countyだった。

1998年生まれの彼は、アデル、エイミー・ワインハウス、ザ・クークス、ジェシー・Jらを輩出した英国の名門パフォーマンス・アート公立校Brit Schoolに入学後、2015年に寝室でレコーディングしたというデビュー作『bcos u will never be free』をセルフ・リリースし、注目され始めた。2017年春には、ポップ、ロック、ヒップホップ、ジャズ、R&Bを融合した『Apricot Princess』を発表し、さらに高い評価を得た。

タイラー・ザ・クリエイターの最新アルバム『Flower Boy』(2017年)でフィーチャーされたり、フランク・オーシャンやSkeptaのライブに参加するなど、その才能は各方面で認められている。




<Sound Of 2018>の第1位は金曜日(1月12日)に発表される。今年はPale Waves(5位)、Khalid(4位)、IAMDDB(3位)、Rex Orange County(2位)のほか、Alma、Billie Eilish、Jade Bird、Lewis Capaldi、Not3s、Nilufer Yanya、Sigrid、Sam Fender、Superorganism、Tom Walker、Yaeji、Yxng Baneが候補に挙がっている。

Ako Suzuki

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報