米津玄師ツアーファイナルに菅田将暉が参戦。武道館での大団円

twitterツイート

米津玄師が約70,000人動員となった自身のツアーファイナルを1月10日に日本武道館にて迎えた。

◆米津玄師 画像

2017年11月1日に最新アルバム『BOOTLEG』をリリースし、同作をひっさげてツアーを回ってきた米津玄師。本ツアーは自身最多エリア16都市、最多公演数22公演、最多動員数と多くの記録を更新する挑戦的なツアーとなった。

ライブでは床面のLEDに映し出される映像が、背面に置かれた沢山のミラーが散りばめられたセットに映し出されるというステージセットや、曲の世界観を見事に表現した照明、そして楽曲ごとに表情を変えるステージングで作り出す空間に観客は魅了されていた。

ツアーファイナル公演では様々なサプライズ出演もあった。米津玄師が初めてダンスに挑戦した楽曲「LOSER」ではダンスの師である辻本知彦が、「Moonlight」では菅原小春が登場し、ダンスという身体表現で楽曲を彩り、観客はよりその世界観に没入していく。



そして本編最後に米津玄師から紹介されてステージに登場したのは菅田将暉。米津玄師が「彼がいなかったら出来なかった曲なんです」と紹介し、対する菅田将暉は「今年こういった舞台に出るのは今日が初めてなんです。それがいきなり武道館ですよ。」と話し、「灰色と青」を2人で初披露した。最後は2人で抱き合い、観客の盛り上がりは最高潮のなか本編を終えた。

大団円のうちにツアーを終えた米津玄師だが、新たな動きとして今週金曜からスタートするTBS金曜ドラマ『アンナチュラル』主題歌「Lemon」を書き下ろしている。初のドラマタイアップである今作が、ドラマをどのように彩っているか楽しみにしてほしい。

Photo:中野敬久


■セットリスト<米津玄師 2018 LIVE / Fogbound>

2018年1月10日 日本武道館
01.fogbound
02.砂の惑星
03.ナンバーナイン
04.飛燕
05.春雷
06.かいじゅうのマーチ
07.アイネクライネ
08.orion
09.LOSER
10.ゴーゴー幽霊船
11.爱丽丝
12.ドーナツホール
13.ピースサイン
14.Nighthawks
15.love
16.打上花火
17.Moonlight
18.灰色と青(+菅田将暉)
En1.ゆめくいしょうじょ
En2.Neighbourhood
En3.アンビリーバーズ

■TBS 金曜ドラマ『アンナチュラル』

2018年1月12日(金)22時~ スタート
※初回は15分拡大のスペシャルバージョン
http://www.tbs.co.jp/unnatural2018/

最新アルバム『BOOTLEG』

2017年11月1日(水)発売
■ブート盤(初回限定):CD+12inchアナログ盤ジャケット+アートイラスト+ポスター+ダミーレコード ¥4,500+税 / SRCL-9567~9568
■映像盤(初回限定):CD+DVD ¥3,700+税 / SRCL-9569~9570
■初回仕様限定 / 通常盤:CD only ¥3,000+税 / SRCL-9571

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報