コドモドラゴン、華那不在のツアーファイナル。「大切な仲間を信じて待ちたい」

twitterツイート

コドモドラゴンが1月13日、Zepp DiverCityにて昨年11月よりスタートした<コドモドラゴン11th Oneman Tour「Dirtful World.」>のツアーファイナル公演を行った。

2018年に入り華那(G)が失踪し、先日無事が確認されたものの心に大きな痛手を負ったコドモドラゴン。華那以外の4人となってしまったが、シングル「DIRTY×DIRTY」を手に開催された<コドモドラゴン11th Oneman Tour「Dirtful World.」>のラストを飾るの場に彼らはしっかりと立っていた。

吹き上がる無数の火花へ導かれるように舞台へ姿を現したメンバー。重厚なSEへ折り重なるように、最新シングル「DIRTY×DIRTY」が飛びだした。「このまますべてを受け入れたなら」と歌うハヤト(Vo)。会場を埋めつくした仲間たちへ牙を剥き出しにメンバーたちが挑めば、4人に負けじとファンたちも絶叫をぶつけてゆく。冒頭からコドモドラゴンのライブはヤバい熱気と興奮を孕んでいた。駆けだした勢いを加速するようにぶつけた「WOLFMAN」。フリーキーな「Can't stop MAD teens.」の演奏に触発され、頭振り乱し騒ぐ観客たち。序盤から場内は早くもクライマックス状態だ。

「俺たちがコドモドラゴンだ!!」と、自信みなぎる言葉で叫ぶハヤト。「おしゃれシティ、Zepp Diver Cityで一緒に暴れ狂おうな。きっちり暴れ倒そうぜ!!」とハヤトの煽りに続いて飛びだした「この世界は終わりだ。」。この曲でに日常を忘れた風景を描き出せば、「自絞首」を通し、観客たちの身体は大きく動く。「俺たちと一緒にお化け退治に行かないか。一番怖ぇのは、目にも見えねぇでっちあげで人をぶっ壊すことだ」という挑戦的なハヤトの言葉を音に変換するよう、攻撃的な演奏で観客たちと暴れ続けた「Sixth SenSe」。

気持ちが昂るたびに演奏が重さと速度を上げてゆく。「救われない世界」で痛い感情を吐き出せば、ゆめ(G)の破壊的なギター音から始まった「ネジレ」では、嘆く心の叫びを4人は歪む重厚な演奏に投影。轟く音に触発され、弱い感情を勢い良く解き放った「君と嘘と赤い部屋」。彼らは重い演奏を通し、心の奥に抱えた痛い心模様を身体の外へと引きずり出してゆく。「俺たちの歌が聞こえてるか!!」。フロアー中から飛び交う絶叫をガソリンに、コドモドラゴンは感情を高揚させる「アリア」を突き付けた。爆走する演奏、サビでは胸くすぐる歌に興奮を覚えずにいれなかった。続いてサイコフリーキーなダンスロックナンバー「naked」の演奏に触発され、大きく手を振身体を揺らす観客たち。互いに感情を剥き出しに騒ぐ様が、なんて享楽的だったことか。

「お利口さんなら頭でこいや!!」という煽りから「アイツガニクイ」と叫びながら、会場中をノイジックな黒い音で熱狂に染め上げた「修羅」。暴れ騒ぎたい観客たちの感情へ狂喜へ導く毒々しい音を注入し、フロアー中に飛び跳ね騒ぐ光景を「heroin(e)」が描きだす。つねに裸の感情を叩きつけるコドモドラゴン、だからこそ誰もが同じく感情を裸に4人と全力で熱い戦いを繰り広げていた。「お前らの大きな声が加わることで、俺らの楽曲は完成していく。わかるよな!!」と「無脳bot」が飛びだすと同時に、満員の観客たちが右へ左へ激しくモッシュ。「覚悟はいいかい」の歌へ呼応するよう、会場を震撼する勢いで暴れ狂うファンたち。「やったもん勝ち」、まさにその通りの心境だ。

腹の底から声を張り上げ暴れ狂い、観客たちがフロアー中へカラフルな熱狂の花を咲かせた「ISOLATION」。「俺らがなんで苦しいことがあってもここに立ちたいと思うかって、伝えたい想いがあるからなんだ。何かへ向かって進むとき、意味の無いことなんて一個もあってはいけないんだよ。もしも迷ったら俺らの音楽に続いてこい、後ろに答えはねぇ、正面からぶつかってこいよ!!」、ハヤトの声に続いて流れたラウドでカラフルなダンスロック曲「廃SOCIETY」。楽しい衝動へ突き動かされ、誰もが極彩色な演奏に溺れ狂ってゆく。「道に迷ったときは、絶対に自分の大好きなものを疑うな」と、最後は「halo.」を演奏。Zepp Diver City Tokyoを騒ぎ祭る宴の場に染め上げていった。MCではハヤトから「これから先も自分たちの音楽を大切にしていきたいし、また、今日を越えるために俺らは全力で突き進んでいきます。これからも一緒に俺らの求めるものを求めていこうじゃないか」との熱い言葉も。

アンコールのステージは「戯楼コンチネンタルジャパニーズファッカー」から。ラストはいろんな局面でコドモドラゴンの運命を未来へ導いてきた「RIGHT EVIL」だ。メンバーも観客たちも気持ちを一つに拳を振り上げ、歌声と叫ぶ声を張り上げていた。そしてこの日のライブを通し、コドモドラゴンは新しい二つのニュースを提示した。一つ目が、3月14日(水)に通算13枚目となるシングル「脳壊ス。」をリリースすること。二つ目が「脳壊ス。」を手にした通算12回目となる全国ツアー<コドモドラゴン 12th Oneman Tour「脳壊スツアー。」>の開催だ。今回のツアーファイナル公演の地は、5月3日(木)Zepp DiverCityとなっている。

最後に彼らは「俺らはまだ華那のことを待ってるんだよ。まだ連絡も取れてないし、居場所すらわからない。大切な仲間だと俺らは思ってる。だからこそ今は信じて待ってみようと思ってる。何時まで待ってるなんて無責任な綺麗事は言えないけど、今は、まだ俺たちは待ちたいと思ってる。まだ、華那のことを待たせてください」と語っていた。彼らがコドモドラゴンという場所を大切な仲間たちと一緒に守り続けたいと願っている以上、その言葉を今は共に信じていこう。

文◎長澤智典
編集◎BARKS

セットリスト

DIRTYxDIRTY
WOLFMAN
Can't stop MAD teens.
この世界は終わりだ。
自絞首
Sixth SenSe
救われない世界
ネジレ
君と嘘と赤い部屋
アリア
naked
修羅
heroin(e)
無脳bot
ISOLATION
廃SOCIETY
halo
-ENCORE-
戯楼コンチネンタルジャパニーズファッカー
水槽
RIGHT EVIL

13th maxi single「脳壊ス。」

2018年3月14日(水) 4type同時発売

■Atype【初回限定盤】CD+DVD
¥1,800(税別)/BPRVD-287
CD2曲+DVD「脳壊ス。」PV・メイキング
[封入]全タイプ購入特典応募券「A」+応募ハガキ

■Btype【初回限定盤】CD+DVD
¥1,800(税別)/BPRVD-288
CD2曲+DVD「脳壊ス。」マルチアングルPV
[封入]全タイプ購入特典応募券「B」

■Ctype【通常盤】
¥1,500(税別)/BPRVD-289
CD2曲+ボーナストラック+インスト3曲
[封入]全タイプ購入特典応募券「C」

■Dtype【通常盤】
¥1,500(税別)/BPRVD-290
CD2曲+ボーナストラック+インスト3曲
[封入]全タイプ購入特典応募券「D」

全タイプ共通封入特典:トレカ2枚(全10種)
全タイプ購入応募特典有

<コドモドラゴン 12th Oneman Tour「脳壊スツアー。」>

3月17日(土)【千葉】柏 PALOOZA
3月18日(日)【埼玉】HEAVEN’S ROCK さいたま新都心 VJ-3
3月21日(水)【群馬】高崎 club FLEEZ
3月23日(金)【栃木】HEAVEN’S ROCK 宇都宮 VJ-2
3月25日(日)【宮城】SENDAI CLUB JUNK BOX
3月27日(火)【秋田】Akita Club SWINDLE
3月29日(木)【福島】郡山 CLUB#9
4月5日(木)【茨城】mito LIGHT HOUSE
4月7日(土)【神奈川】新横浜 NEW SIDE BEACH!!
4月14日(土)【愛知】名古屋 SPADE BOX
4月15日(日)【大阪】umeda TRAD
4月17日(火)【岡山】岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
4月19日(木)【香川】高松 DIME
4月21日(土)【福岡】福岡 DRUM Be-1
-Tour Final-
5月3日(木)【東京】Zepp DiverCity

FC先行受付 2018年1月15日(月)〜1月29日(月)まで
一般発売  2018年2月24日(土)〜
チケット料金
前売り ¥4,000/当日 ¥4,500
ファイナルのみ 前売り ¥4,800/当日 ¥5,300
OPEN/START
ファイナル 17:00/18:00
名古屋/大阪 17:15/18:00
その他 17:30/18:00

◆コドモドラゴン オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報