THE SIXTH LIE、TVアニメ『ゴールデンカムイ』エンディングテーマ担当が決定

twitterツイート

マンガ大賞2016受賞、累計発行部数375万部を突破している「週刊ヤングジャンプ」にて連載中の漫画『ゴールデンカムイ』。2018年4月からTOKYO MX、読売テレビ、札幌テレビ、BS11にて放送開始する同作のTV アニメのエンディングテーマに、新人バンド「THE SIXTH LIE(ザ シクスライ)」が大抜擢された。

THE SIXTH LIE は、Arata(vo)、Reiji(gt)、Ray(dr)からなるエレクトロ・ロックバンド。最先端の洋楽からインスパイアされた、EDMのエッセンスを大胆に取り入れたハイブリッドな音楽性と、近未来を想起させる独自の世界観を特徴としており、これまでに2枚のアルバムと配信限定のシングルをリリースしている。2015年5月に結成後、2016年にKNOTFEST JAPAN のオープニングアクトに大抜擢、2017年はhoobastankやOLDCODEXらが出演したONE THOUSAND MILES TOURのオープニングアクトを担当、6月から行われ、イギリス・フランス・ドイツ・カナダを渡ったバンド初のワールドツアーでは計2,500人を動員、会場販売のCDをソールドアウトさせた要注目の実力派バンドだ。

“メンバー全員で原作を読み込んで制作に臨みました。(メンバー談)”

2018年2月3日は渋谷REXにてワンマンライブを開催、3月7日には3枚目のNEWアルバム「SINGularity」の発売を日本盤・海外盤(英語盤)の2形態で予定している。


©野田サトル/集英社・ゴールデンカムイ製作委員会

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報