全米アルバム・チャート、『グレイテスト・ショーマン』が2週連続1位

ツイート

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、先週に続き映画『The Greatest Showman(グレイテスト・ショーマン)』のサウンドトラックが2週連続でトップに輝いた。同作は今週UKでも1位を獲得しており、米英チャートを制覇した。

◆『The Greatest Showman』ジャケット画像

全米ではこの10年で21枚のサウンドトラックが1位に輝いたが、その内、2週以上首位をキープしたのは、『Glee: The Music, Volume 3 - Showstoppers(グリー)』(2010年2週間)、『Frozen(アナと雪の女王)』(2014年13週間)、『Guardians Of The Galaxy: Awesome Mix Vol.1(ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー)』(2014年2週間)、『Suicide Squad: The Album(スーサイド・スクワッド)』(2016年2週間)、そしてこの『The Greatest Showman』の5枚のみだという。映画は2月に日本で公開される。

2位は変わらず、エド・シーランの『÷』がキープ。ラッパー、G・イージーの『The Beautiful & Damned』が先週の4位から3位へ1ランク・アップした。

年明けでまだ動きが小さな今週、新たにトップ10入りしたニュー・アルバムはなかったが、カーディ・Bをフィーチャーした「Finesse」のリミックス・ヴァージョンが好評なブルーノ・マーズの『24K Magic』が15位から4位へ大きく再浮上し、4ヶ月以上ぶりにトップ10圏内に再エントリーした。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報