ジェフ・ミルズ、NASAとのコラボレーションでラジオ番組をスタート

twitterツイート

ジェフ・ミルズと英ロンドンのインターネットラジオ局NTS Radioが、NASA協力のもと『The Outer Limits』と題したラジオ番組を1月17日(水)よりスタートさせる。

◆『The Outer Limits』予告映像

同番組は“NASAとAxis Recordsのコラボレーションによるコンセプチュアル・リスニング・エクスペリエンス”として展開されるもので、全6回、各1時間のエピソードで構成。クラシックやジャズ、エレクトロニック・ミュージックのアーティストたちを迎えて完全オリジナルの未発表楽曲を制作し、“星間旅行”、“時間論”、“ディープ・スペースの謎”、“地球の海の未知の奥深さ”などをテーマに、抽象的なサウンドスケープと語りを通じて天体物理学とSFの世界を探っていく内容になるという。



番組について、ジェフ・ミルズは次のように述べている。

   ◆   ◆   ◆

「私は1980年代にほぼ10年間、ラジオの番組を担当していたこともあり、オーディオと音楽がインパクトのあるデバイスとなる可能性について、様々な視点を持っていました。当時私は自由に選曲することができたので、プログラムを面白くて有益なものにする方法について常に考えていました。テレビSFのようなラジオを作り、お決まりのハッピーエンドを必要とせず、謙虚で内省的である可能性のあるテーマを扱う。

この経験は『The Outer Limits』への私のアプローチに刺激を与えています。

アメリカ中西部で育った若者が、自由にラジオ番組を運営して、定期的にロッド・サーリングの『トワイライト・ゾーン』を観、マーベル・コミックスを収集する、その間NASAは人間を宇宙空間に送り出していた。これらのことを思い浮かべていただければ、おおよそは想像していただけるでしょう。

1960年代のSFテレビシリーズから名付けた『The Outer Limits』は、私が音楽と幻想的なストーリーテリングを通じて未知を探検するもう一つの機会です。このラジオ番組の目的は、まず第一にワイルドな経験を提供することです。これは私たちひとりひとりがもっと必要としていることだと私が信じていることです。これらのエピソードは、妥協のない方法で伝えられ、従来のラジオとは異なる方法で構築されます。『The Outer Limits』は有用な情報をこれまでにない形式で提供していきます」──ジェフ・ミルズ

   ◆   ◆   ◆

ジェフ・ミルズとピアニストのキャスリーン・スポーヴ、バイオリニストのトーマス・グールドによる音楽をフィーチャーした第一回「ブラックホール」は、日本時間1月17日(水)23時から放送予定となっている。ストリーミングのスケジュールなど、シリーズに関する最新情報は番組オフィシャルサイトにて。

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報