アンドリューW.K.、ファンのスピード違反罰金の支払いを申し出ると…

twitterツイート
Photo by Nina Ottolino

英国在住の男性が、アンドリューW.K.のニュー・シングルを聴きながらドライブしていたらスピードを出し過ぎてしまい、違反の切符を切られてしまったとツイートしたところ、アンドリュー本人から返信があり、男性の代わりに罰金を支払うとの申し出があったそうだ。

◆アンドリューW.K.画像

Luke Mitchellさんは週末(1月15日)、「何気にM4(高速道路)を走っていたら、@DanielPCarter @Radio1RockShow(ラジオ番組)で@AndrewWKのニュー・シングルが流れ、スピード違反の切符を切られた。完全にそれだけの価値はある」とつぶやいた。

すると、アンドリューから「パーティーのツケ」と返信があり、その後「LUKE : 君のために俺がスピード違反の罰金を払いたい。俺は、君を加速させることになったこのソニック・パーティー・パワーに責任がある」との申し出があった。

Lukeさんはこれに感謝したものの、「自分より価値のあるものにそのお金を寄付して欲しい」とアンドリューに頼み、アンドリューは代わりにLukeさんをライブ・イベントに招待したそうだ。

また、このやり取りを知った警察からもひと言。スピード違反の切符を切ったThames Valley Policeは、アンドリューの曲のタイトルを入れ「“Want fun”(楽しみたく)て“Party hard”するのはいいが、我々はあなた達に安全でいて欲しい。みんな、安全運転でパーティーを(責任を持って)」と、つぶやいた。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報