コルグ、フル・プログラマブルの新世代ポリフォニック・アナログ・シンセサイザー「prologue」が登場

twitterツイート

4ボイス・ポリフォニックの「minilogue」、モノフォニックの「monologue」と、アナログ・シンセサイザーをリリースしてきたコルグから、フルサイズ・キーボードを備えたフル・プログラマブルの新世代ポリフォニック・アナログ・シンセサイザー「prologue」が登場。16ボイス+61鍵盤の「prologue-16」と、8ボイス+49鍵の「prologue-8」、キーボーディストのステージ・ユース、プロデューサーのスタジオ・ユースに応える2モデルをラインナップする。

新たなフラッグシップ・アナログ・シンセサイザーとなる「prologue」は、11,000ものディスクリート電子部品を用いて設計。ほかのポリ・シンセでは得られない圧倒的な音圧と、「minilogue」同様、直感的に広大なアナログ・シンセシスへ自在にアクセスできるインターフェイスが魅力のモデルだ。構成は2VCO+MULTI ENGINE、1VCF、2EG、1VCA、1LFO。オシレーターの倍音を形成するウェーブ・シェイプや、シンク/リング・スイッチなどシリーズ共通の特徴的な回路に加え、ブラッシュアップされた効きの鋭い2ポール・ローパス・フィルター、強力な歪みを加えるドライブ、そしてローカット(ハイパス)・スイッチを搭載。ファットなベース、強烈なリード、そしてポリフォニックならではの美しいパッドまで、あらゆるバリエーションをカバーする。

▲16ボイス+61鍵盤の「prologue-16」

さらに注目は、VCO3として搭載された新開発のマルチ・エンジン。デジタル・サウンドの魅力を提供するノイズ・ジェネレーター、VPMオシレーター、ユーザー・オシレーターの3つの異なる音源を搭載、アナログVCOと組み合わせることで幅広いサウンドが生み出せる。

ノイズ・ジェネレーターは、パーカッシブな音色やSEサウンドに欠かせない4タイプを用意。デジタル・フィルターによる、ノイズ・カラーのダイレクトな変化を味わえる。

VPMオシレーターは本機のために新たに設計。VPM(Variable Phase Modulation)/FMオシレーターの複雑な倍音を含む金属的でシャープなサウンドは、アナログでは決して得られないもの。16タイプのオシレーターとSHAPEノブ・コントロールで複雑な音作りを直感的に行える。

そして、自作のオシレーター・プログラムをロードできるのがユーザー・オシレーター。16スロットを備え、プリセットとしてモーフィング・ウェーブテーブル・オシレーターを1タイプ内蔵する。

エフェクトは32bit float処理のデジタル仕様。モジュレーション・エフェクトとディレイ/リバーブの2系統を備え、コーラスやアンサンブル、暖かみのあるテープ・ディレイ、多彩なリバーブなど、幅広いバリエーションから選択可能だ。

ユーザー・カスタマイズも魅力の一つ。16個のユーザー・オシレーター・スロットに、16個のユーザー・エフェクト・スロットを用意。専用のライブラリアン・ソフト(2018年春ダウンロード開始予定)で、Prologue SDKで作られたオシレーターやエフェクト・プログラムを本体にロード可能だ。

プレイヤーにうれしいのが、同時に2種類のサウンドを演奏できる2ティンバー仕様。レイヤー、スプリット、そしてメイン・ティンバーとサブ・ティンバーがなめらからに切り替わるクロスフェードに対応。余裕ある16/8ボイスで高度な演奏欲求に応えてくれる。また、16/8ボイスを自在に組み合わせて演奏できるボイス・モード機能も搭載。和音演奏できるスタンダードなPOLY、サブ・オシレーターでベースに最適なMONO、すべてユニゾンさせて分厚いリードを生み出すUNISON、指一本でコードを鳴らせるCHORDから選択可能となっている。また、強力なアルペジエーターや、500のプログラムを瞬時に並び替えて求めるサウンドを素早く見つけられるプログラム・ソート機能も搭載する。

鍵盤には日本製の上質なナチュラル・タッチ・キーボードを採用。コルグのハイエンド・ワークステーション同様の優れたタッチ・フィールが、高い表現力を発揮する。また、ハイエンド・モデルとしての圧倒的な存在感を主張するルックスも要チェック。「minilogue」と同じ曲率でカーブを描くブラック・アルミニウム・フロント・パネルは、ヘアラインの美しい仕上がり。重厚感あるメタル・ノブ、ダイヤカットで削り出したシルバーの指標、オーク材のサイド・ウッド・パネルなど細部までこだわり、シンセサイザー王道のルックスを新たに再構築している。

「prologue-16」のみ搭載となるのがVUメーター。これは新開発のマスター・エフェクトL.F. COMP.のためのもの。これはアナログ回路によるロー・ブースター/コンプレッサーで、単なるEQでは得られない、芯のある音圧感を提供する。


▲8ボイス+49鍵の「prologue-8」

製品情報

◆prologue-16
価格:オープン(市場予想価格 220,000円 税別)
◆prologue-8
価格:オープン(市場予想価格 170,000円 税別)
発売日:2018年2月中旬発売予定
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報