小室哲哉、引退を表明

twitterツイート

小室哲哉が1月19日、自身の引退を発表した。

小室哲哉は都内で週刊誌による不倫疑惑報道を受けての記者会見を行い、「今回の報道により妻KEIKO、家族、ファン、スタッフの皆さんにご心配、ご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。」と謝罪。そして「ケジメとして引退を決意しました」と宣言した。

くも膜下出血で療養中の妻・KEIKOについての思いや、自身が患っていたC型肝炎、突発性難聴などの状況も報告。そして今回の事態に至った経緯を説明した。自身の音楽活動・引退について最近では、「小室哲哉ならこういう音楽を作れるだろう」という期待に応えられる音楽制作ができるのか、エンターテイメント業界に僕の才能が本当に必要なのかと悩むこともあったという。小室哲哉は涙を見せながら「35年近くお世話になりました。心から感謝しております。ありがとうございました。」ともコメントした。

なお、現在進行形で小室哲哉が受け持っている仕事もあるが「(各アーティストと)直接お話はまだしていないですし、解散していないグループもあります。そういった方々のお話もこれから聞かなければならないと思います。望まれるのであれば期待に応えられる最低限のことをしていきたいと思いますが、自発的な音楽活動については本日をもって退こうと思っています。」とのこと。

小室哲哉は1983年にTM NETWORKを結成、1984年にデビュー。1989年にはシンガーソングライターとしてソロデビューも果たした。その後、安室奈美恵、華原朋美、globeらの音楽プロデュースなども手掛け、特に90年代の音楽シーンに大きな功績を残している。

◆小室哲哉 オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報