古澤剛、コブクロ小渕との共演曲「天の川」発売決定“奇跡的なスピードで生まれた曲”

twitterツイート


シンガーソングライターの古澤 剛(ふるさわたけし)が、以前より親交のあるコブクロの小渕健太郎との共作・共演による楽曲「天の川」を3月14日(水)に発売することが決定した。

◆古澤 剛 × コブクロ 小渕健太郎 写真

この「天の川」は、昨年2017年9月に行われた古澤のワンマンライブに小渕がサプライズゲストとして登場した時に披露された曲で、この日のために古澤と小渕の二人で制作し歌唱したラブソングである。その一夜限り歌われたにも拘らず、二人が織りなしたハーモニーと切ない詞の世界が多くの観客の涙を誘い、音源化が待たれていた。

そもそもこの二人の出会いは、古澤がプロを夢見て上京した2010年に、当時古澤がネット上に公開していた動画を偶然見た小渕が、直接古澤のHPにメールを送ったことがきっかけになっている。古澤は、「そのメールには僕の歌声に対する熱い想いが、とても温かな文章で綴られていました。その出来事から間もなくしてコブクロさんのライブにお誘い頂き、それから度々僕のライブにも足を運んで下さいました。その後もギターを持ち寄り一緒に歌わせて頂いたり、道に迷った時は励ましを頂いたりと、出会った頃と変わらぬ、本当の兄のような優しさを受け続けています」と想いを述べている。

そんな“兄”と慕う小渕が、昨年行われた古澤のワンマンライブにシークレットゲストで登場したのであった。「天の川」の誕生の経緯や曲に込めた想いについて、古澤、小渕はこうコメントした。

  ◆  ◆  ◆

「“せっかくだから一緒に作った曲を歌おうよ!”と小渕さんから提案を頂きました。当初は1曲の予定で、まず『Hey Brother』というアップテンポな曲を一緒に作ったのですが、この曲が出来上がるや否や、小渕さんがこの『天の川』のメロディーをつま弾きながら歌い始めていました。その後、僕が綴った散文詩を、瞬く間に切ないラブソングへと昇華して下さり、この曲が完成しました。わずか2日で2曲という奇跡的なスピードで生まれた曲です。」
── 古澤剛

  ◆  ◆  ◆

「今回、ライブに向けて、一緒に『天の川』という曲をつくらせていただきました。剛君が描いてきてくれた散文詩のメモ書きには、恋煩いのワンシーンのような断片的な言葉が沢山ならんでいて、どれもが僕には無いテイストだったり切り口で、とても面白いなと思いました。まずは、それを集めて、繋いで、一つの大きな詩に変えていくのですが、不思議とその時点でドンドンメロディーが生まれてきて、歌詞をまとめる頃にはイントロから間奏、アウトロまで出来ていました。想いを小さく閉じ込めた心の隅っこから、やがて空の果てまで伸びていく光が星に変わり、最後『天の川』という歌に変わった時、心地よい広がりがあり、剛君の声の持つ魅力を最大限に発揮できた気がしました。ファンタジーですが、リアリティーもある、切なくも素敵な歌が出来たなぁと嬉しくおもいます」
── 小渕健太郎



そして古澤はリスナーに向けて、 「これまでにこの『天の川』を歌ったのは昨年9月のワンマンライブだけなんです。あのライブで聴いて下さった方をはじめ、やっと多くの方と分かち合うことが出来ます。このラブソングが持つピュアな痛みや深い恋心を、小渕さんと作った時の新鮮さそのままに、受け取って下さる全ての人たちへ歌って行きます」と語っている。

プロを夢見て上京した無名の青年だった古澤剛と、コブクロ小渕氏との不思議な出会いの奇跡から8年。小渕は、古澤の歌声の魅力についても話した。

  ◆  ◆  ◆

「一度聴いた8年前のあの瞬間から今日まで、変わらず独特の響きに胸が震えます。ものに例えるなら、荒波のようなうねりと、さざ波のような静けさを両方もった声です。野太く、声量も人の何倍もあり、その響きはアコースティックギターでもバンドでも負けない、男性らしい強さがあるとおもいます。少し日本人離れした声質だからこそ、優しい日本語が相まって、また合うのだとおもいます。まだまだ沢山の人々に届くはずの歌声なので、今回一緒に作品を作れてとてもうれしかったです」

  ◆  ◆  ◆

ファンの間で大きな話題となっていたこの「天の川」と、そして「ニッポンハムグループ2018年企業CM」ソングとしてすでにオンエア中の「キミノチカラ」が、両A面シングルとしてリリースされる。



※古澤 剛 × コブクロ 小渕健太郎 写真:築地孝典

古澤 剛 両A面ニューシングル「キミノチカラ/天の川」

2018年3月14日(水)発売
TECG-59 1204円+税
<収録曲>
1.キミノチカラ(ニッポンハムグループ 2018年企業CMソング)
2.天の川
3.キミノチカラ(Instrumental)
4.天の川(Instrumental)

<古澤 剛 HALL LIVE IN TOKYO2018>

2018年4月1日(日) 日本橋三井ホール 16:30開場/17:00開演
チケット:全席指定 4800円 *ドリンク代別
<ローソンプレリクエスト先着先行>
受付期間:1月19日(金)12:00~2月4日(日)23:59
受付専用URL:http://l-tike.com/furusawatakeshi0401/

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報