キンクス/ゾンビーズのベーシスト、ジム・ロッドフォード死去

ツイート

キンクスやゾンビーズ、アージェントのベーシストとして活躍してきたジム・ロッドフォードが土曜日(1月20日)、英国セント・オールバンズの自宅で亡くなった。76歳だった。

ロッドフォードの従兄で、ゾンビーズ/アージェントの創立メンバー、ロッド・アージェントがゾンビーズのFacebookを通じ訃報を伝えた。ロッドフォードは土曜日朝、階段から落下したそうだ。現時点で、死因に関してそれ以上の詳細は不明だという。



60年代初め、地元セント・オールバンズのバンドBluetonesのメンバーだったロッドフォードは、従兄がゾンビーズを結成する際、正式加入は断ったものの、彼らを背後から支援。そして、ゾンビーズ解散後結成されたアージェントに参加することとなり、ゾンビーズにも彼らが2004年に活動を再開したとき加入した。また、キンクスでは1978年から4代目ベーシストとしてプレイしてきた。

キンクスのデイヴ・デイヴィスは、「ジムの突然の死に非常に大きな打撃を受けている。言葉にならないほど打ちのめされている。すごくショックだ。俺はいつも、ジムは真のロックンロール流儀で永遠に生き続けるんだろうって思ってた。奇妙だ。素晴らしい友、素晴らしいミュージシャン、素晴らしい男。彼はキンクス後期、欠くことのできないメンバーだった。RIP #JimRodford」と、追悼の言葉を寄せている。

ロッドフォードはその功績が認められ、昨秋、ハートフォードシャー大学から名誉学位を贈呈された。

彼は先週、ゾンビーズの北米ミニ・ツアーを終え、英国へ戻ったばかりだった。数日前に、<30A Songwriters Festival yesterday>でアン・ウィルソンと共演する機会に恵まれ楽しかったとのメッセージをFacebookに投稿していた。

合掌。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス