トム・ペティ、死因が明らかに

twitterツイート

トム・ペティの家族は金曜日(1月19日)、昨年10月に66歳で急逝したペティの死因を明らかにした。鎮静剤などの過量摂取が原因だったという。

◆遺族の声明

家族は、「今朝、監察医/検視官と会い、トムは様々な薬を取っていた結果、予期せぬ過量摂取が原因で亡くなったとの彼らの最終分析を伝えられました」との声明をFacebookに投稿した。

ペティは痛みを押してツアーを続けていたものの、気腫や膝の痛み、腰の骨折など様々な問題を抱えており、何種類かの処方薬を常用していたそうだ。亡くなった日は腰の痛みが耐えがたく、薬を摂取し過ぎたと考えられているという。

家族はこれを伝えることで、服薬への理解が深まり、過量摂取を防ぎ、他の人たちの命を救う助けになればと願っているそうだ。



米国では、鎮痛剤の乱用や依存、過量摂取が深刻な問題となっており、毎年数万人が死亡している。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報