クランベリーズ、ファンがドロレスに最後のお別れ

twitterツイート

日曜日(1月21日)、先週亡くなったクランベリーズのシンガー、ドロレス・オリオーダンの追悼式が、彼女の故郷アイルランド・リムリックの教会で開かれ、数百もの人々が集まった。

◆ドロレス・オリオーダン画像

参列者は、棺に横たわるドロレスを前に最後のお別れを告げることができた。BBCによると、教会の中ではドロレスの歌声が流れ、棺の傍らに飾られた花々には「The song has ended, but the memories linger on(歌は終わったが、思い出は消えない)」とのメッセージが付帯していたという。

火曜日(23日)に家族と友人のみによる葬儀が執り行われ、ドロレスは2011年に亡くなった父の隣に埋葬されると伝えられている。また、葬儀の模様は地元のラジオ局から中継されるそうだ。

ドロレスは1月15日、滞在先のロンドンのホテルで亡くなった。46歳だった。死因に関しては検査結果が出るのを待っているところだが、警察は不審死として取り扱ってはいないとコメントしている。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報