HISTORYから程よい使用感を演出するRugged(ラギット)加工を施したエレキギターとベース新登場

twitterツイート

2019年に25周年を迎える島村楽器のギターブランド「HISTORY(ヒストリー)」が、無骨な、荒削りな、男らしさなどを意味する「Rugged(ラギット)」」の頭文字を冠した「RH」シリーズを新たに投入。先行モデルとして、エレキギター2機種とエレキベース2機種の計4アイテム、各モデル12本の数量限定で発売された。

新品をベースに独特な風合いやこなれた感じを演出する加工方法を用いた「RH」シリーズ。「Rugged」は、リメイクやユーズド風に手を加えたものを指す言葉でもあることから、シリーズを表すのに最も適したネーミングとして採用された。そして、「RH」シリーズは、HISTORYブランドの原点に立ち返るべく、従来からの仕様に縛られないモデル開発が目指された。

同ブランドの代名詞とも言うべき「ヘリテイジウッド」や「C.F.S(サークル・フレッティング・システム)」をあえて採用せず、THシリーズをベースに、GOTOH社製のレトロテイスト溢れるパーツや、アンティーク処理を施した特注パーツなどを搭載。また、塗装は下地にしっかりと強度のある塗料を採用することで、四季のある日本での過酷な環境変化にも安定した品質を保ちつつ、表層部にはしっとりとした質感のあるラッカートップの仕上げを採用。さらにその塗装表面に細かい傷を付けて風合いを付加。塗装の剥離やヒビを入れるなどの極端なダメージ加工は施さず、程よい使用感を持たせた落ち着きあるモデルとなった。

そのサウンドは、従来のHISTORYサウンドとは異なったキャラクターを獲得。独特の外観を表すようなワイルドなトーンを持ち、既存のTHシリーズとはまた違った魅力を持っている。

ラインナップは、ギターがアルダー・ボディにハードメイプル・ネック(Uシェイプ)&ローズウッド指板の「RH-SV/R」、ライト・アッシュ・ボディにハードメイプル・ネック(ソフトVシェイプ)の「RH-TV/M」の2機種。ベースは、アルダー・ボディにハードメイプル・ネック(Uシェイプ)&ローズウッド指板の「RH-BJ4/R」、ライト・アッシュ・ボディ&ハードメイプル・ネック(Uシェイプ)の「RH-BJ4/M」の2機種。



▲ストラト・タイプの「RH-SV/R」は、しっとりした質感の3トーン・サンバーストにカスタム仕様のGOTOH製サドルを組み合わせ。


▲テレキャスター・タイプの「RH-TV/M」は、ナチュラルカラーのボディにレリック仕様のブラス・サドルと渋いルックス。


▲「RH-BJ4/R」はアルダー3Pボディのジャズベース・タイプ。3トーン・サンバーストにべっこうのピックガードを組み合わせ。


▲「RH-BJ4/M」は、ライトアッシュ3Pボディのジャズベースタイプ。ナチュラルカラーに黒のピックガードとシックな仕上がり。

製品情報

◆RH-SV/R
価格:155,000円(税別)
◆RH-TV/M
価格:165,000円(税別)
◆RH-BJ4/R
価格:155,000円(税別)
◆RH-BJ4/M
価格:165,000(税別)
発売日:2018年1月20日

関連画像&映像

◆HISTORY 画像&映像
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報