誰でも弾けるモジュラー式電子楽器ROLI BLOCKSに新感覚フィードバックの新世代モデル「Lightpad Block M」

ツイート

誰もがミュージシャンになれるモジュラー・ミュージック・スタジオとして注目を集めたROLIの電子楽器「BLOCKS」シリーズの新世代モデルとして、指先で新感覚のフィードバックが得られる「Lightpad Block M」が登場した。

ROLIのBLOCKSは、ブロック型のデバイスを自由につなげて、アプリで奏でる、まったく新しい音楽体験を提供するモジュラー・ミュージック・スタジオ。カラフルなLEDと5Dタッチセンシティブのサーフェスを搭載した「Lightpad Block」、Seaboardファミリーの中でも最も小さくリーズナブルな鍵盤プレイヤー向けの「Seaboard Block」、ライブ・パフォーマンス用のLive Block、ループ・コントロール用の「Loop Block」、5Dコントロールの「Touch Block」といったハードウェアと、サウンド・エンジンである無料のiOSアプリ「NOISE」で構成。各デバイスの側面に用意されたマグネットによるDNA端子でデバイス間を接続し、モジュラー・スタイルでの拡張が可能。充電式バッテリーを内蔵し、アプリとはBluetoothによるワイヤレス通信。いつでもどこでもケーブルレスでの音楽制作が楽しめる。


▲表面を叩いたりなぞったりするサーフェスはパワーアップしたが、正方形の形状は前モデルとほぼ同じ。4つの側面にほかのデバイスとつなげるDNA端子を搭載。写真の左側面中央に見えるのは電源とBluetoothの状態を示すLED。充電&PC接続用のUSB-C端子も側面に備える。

新たに登場した「Lightpad Block M」は、BLOCKSのメイン・デバイスとも言える「Lightpad Block」の次世代モデル。リデザインされたシリコン・サーフェス・レイヤーによって、ディープでソフトなフィーリングを提供。さらにプレッシャーセンシティブも強化。Seaboardからインスパイアされた225のMicro Keywaveを搭載することで、指先で新感覚のフィードバックが得られる。ハイコントラストでより明るくなったLEDイルミネーションも魅力の一つだ。

「Lightpad Block M」では、iOSアプリ「NOISE」が使えるほか、幅広いソフトウェアも付属。ドラム・トラックからシネマティックまでさまざまなサウンドをコントロールするためにデザインされたMac/Windows用のシンセ「Equator Player」、DAWの「Tracktion Waveform」、「Ableton Live Lite」などが用意される。


▲無料アプリ「NOISE」をワイヤレスで演奏。「Lightpad Block M」と接続することで、より多くのサウンドパックが無料で使用可能になる。

製品情報

◆Lightpad Block M
価格:オープン(MI7 STORE価格 24,800円 税込)
発売日:2018年1月24日
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス