スティングとシャギー、コラボ・アルバムをリリース

twitterツイート
▲スティング&シャギー「Don’t Make Me Wait」

スティングとシャギーのコラボレーション・シングル「Don’t Make Me Wait」が、日本時間1月25日にリリースされた。同曲は、彼らが4月に発表予定のアルバム『44/876』からの第一弾シングルとなる。

◆スティング&シャギー画像

両者を引き合わせたのは、スティングのマネージャーで最新作『ニューヨーク9番街57丁目』のプロデューサー、そして過去にシャギーのA&Rエグゼクティヴを務めたこともあるマーティン・キーゼンバウムだったという。スティングがシャギーの制作中の新曲を聴き、その後ふたりは一緒にスタジオ入り。当初は「Don’t Make Me Wait」1曲だけのレコーディングを行なう予定が、さらに多くの新曲が生まれることになったそうだ。

ニューヨークで数週間にわたるソングライティングやジャム・セッションを経て生み出されたコラボレーション楽曲は、“伝統的かつ現代的なスタイルで、カリビアン・リズムとポップな要素、そしてロックのエナジーが融合した音楽”に仕上がっているという。

スタジオにはジャマイカとニューヨークのミュージシャンが集結し、ロビー・シェイクスピアやアイドニア、スティングの長きにわたるコラボレーターであるドミニク・ミラーらも参加。シャギーの「Carolina」「Boombastic」「It Wasn’t Me」なども手掛けたSting Internationalがプロデュースを担当し、マーティン・キーゼンバウムがエグゼクティヴ・プロデューサーを務めている。



スティングとシャギーは、1月にジャマイカ・キングストンで行われたチャリティ・イベント<Shaggy and Friends>で2万人の観客を前に「Don’t Make Me Wait」を初披露していた。

■リリース情報

スティング&シャギー
シングル「ドント・メイク・ミー・ウェイト | Don’t Make Me Wait」
2018年1月25日(木)配信開始
試聴・購入: https://umj.lnk.to/STING_dmmwPR

アルバム『44/876』
2018年4月20日(金)発売


twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報