アニメ『蒼天の拳 REGENESIS』OPをAK-69、EDを上坂すみれが担当

twitterツイート
▲(C)原哲夫・武論尊/NSP 2001, (C)蒼天の拳 2018

4月よりTOKYO MXほかにて放送予定の新作テレビアニメ『蒼天の拳 REGENESIS』のオープニングテーマにAK-69の「蒼天の果てに」が、エンディングテーマに上坂すみれの「祈りの星空」が決定した。

◆AK-69 / 上坂すみれ アーティスト写真

同アニメは、漫画家・原哲夫の代表作『北斗の拳』の過去を描いた漫画が原作。北斗1800年の歴史上、最も奔放苛烈で最強と呼ばれた「第62代北斗神拳伝承者・霞拳志郎」の物語が、原の監修のもと新たにテレビアニメとして蘇る。なお上坂は、声優としてエリカ・アレント役も担当する。

以下、AK-69と上坂から寄せられたコメント。

  ◆  ◆  ◆

■オープニングテーマ
AK-69 / 蒼天の果てに
作詞:AK-69 作曲:RYUJA, AK-69
(UNIVERSAL MUSIC LLC / Def Jam Recordings)
「北斗の拳」が完全に世代の自分としては、このお話を頂いた時非常に嬉しく思いました。自分のアティチュードは「死んでも滅びることは無い」と常に思っていて、「蒼天の拳」の一子相伝のストーリーや世界観と重なる部分も多く、書き下ろしの楽曲ではありますが、とてもリアルな言葉で歌う事が出来たと思っています。

▲AK-69

  ◆  ◆  ◆

■エンディングテーマ
上坂すみれ / 祈りの星空
作詞・作曲・編曲:AJURIKA(キングレコード)
エンディングテーマを歌わせていただくと聞いたときは、とても驚きました。壮大で熱い作品世界に寄り添えるように、精いっぱい頑張ります!

▲上坂すみれ

▲エリカ・アレント(CV:上坂すみれ)

  ◆  ◆  ◆


テレビアニメ『蒼天の拳 REGENESIS』

イントロダクション
『蒼天の拳』は、北斗1800年の歴史上、最も奔放苛烈で最強と呼ばれた“第62代北斗神拳伝承者・霞拳志郎”の物語。本作が原作者・原哲夫の監修のもと、新たにテレビアニメで蘇る。最強の北斗神拳伝承者・霞拳志郎の生き様を、目撃せよ!!

2018年4月よりTOKYO MX、ほかにて放送
Amazonプライム・ビデオ見放題独占配信決定
※放送時期は変更になる可能性がございます。

[CAST]
霞拳志郎:山寺宏一
エリカ・アレント:上坂すみれ
流 飛燕:子安武人
ヤサカ:佐藤せつじ
潘 玉玲:冬馬冬美

[STAFF]
原作:漫画『蒼天の拳』(原哲夫 監修:武論尊)
監督:鹿住朗生 / シリーズ構成 / 脚本:尾崎悟史 / キャラクターデザイン:勅使河原一馬、佐藤宏美 / アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ / オープニングテーマ:AK-69「蒼天の果てに」/ エンディングテーマ:上坂すみれ「祈りの星空」 / 製作:株式会社蒼天の拳
http://www.souten-regenesis.com
(C)原哲夫・武論尊/NSP 2001, (C)蒼天の拳 2018

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報