【機材レポート】B'z、<LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”>松本孝弘サウンドシステムの全て

twitterツイート

B'zが2017年12月14日の北海道立総合体育センター 北海きたえーる公演を皮切りに、2018年2月4日の京セラドーム大阪まで、全国8ヶ所全18公演の大規模アリーナ&ドームツアー<LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”>を開催した。同ツアーで使用された松本孝弘のギターサウンドシステムの全貌を、東京ドーム初日公演終演後に撮影したステージ上の臨場感溢れる写真とともにご紹介したい。

◆<B'z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”>松本孝弘機材 画像

<LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”>は20thオリジナルアルバム『DINOSAUR』を掲げて行われたものであり、セットリストの中心には同アルバム収録曲が据えられていた。先ごろ公開した機材レポート“B'z、アルバム『DINOSAUR』RECサウンドシステム”のとおり、『DINOSAUR』レコーディングスタジオには過去のB'z作品で使用されたギターやアンプが勢揃いしていただけに、ライヴの場ではどんな機材でサウンドが構築されるかにも注目が集まっていた。


<LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”>で松本孝弘が使用したサウンドシステムは、前ツアー<LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT->時のシステムを踏襲しつつアップデイトしたものだ。ステージ上で使用されたギターはアコースティックを含めて全8本。アンコールを含む全21曲中、5曲でGibson TAK MATSUMOTO Double Cutaway prototype #2007-4 (CUSTOM EBONY)、4曲でGibson Les Paul 1957 Reissue #1-8283 (Gold Top)、3曲でGibson TAK MATSUMOTO Firebird Vintage Sunburst prototype #1、2曲でGibson Flying V Korina 50th Anniversary 2008 #8-8163ほか、Gibson TAK MATSUMOTO Double Cutaway GOLDTOP AGED #G001、Killer KG-Prime Original #KIS0552202、Gibson L-00 #90909004をそれぞれ1曲ずつ使用。

さらにプロトタイプのため撮影不可だったが、Gibson Tak Matsumoto Les Paul Canary Yellowのニューモデルらしきギターが4曲で使用された。これは当時のモデルとは異なる新たなもののようなので、今後の展開にも注目を。なお、チューニングは全曲レギュラーだ。

近年はGibson TAK MATSUMOTO 1959 LES PAULをはじめとするレスポールスタンダード系を手にする機会の多かった松本だが、今回のギターセレクトは、それとはまた異なる。ギターテック曰く「Gibson TAK MATSUMOTO Double CutawayやTAK MATSUMOTO Firebirdに関しては、リハーサルを進めていくうちに、サウンドと弾きやすさを考慮したうえでセレクトされた」とのこと。以下、使用ギターの1本1本について解説したい。

   ◆   ◆   ◆

【GUITAR編】


▲<Gibson TAK MATSUMOTO Double Cutaway prototype #2007-4 (CUSTOM EBONY)>

左右非対称のダブルカッタウェイが特徴となる同ギターは、オリジナルボディーシェイプによるシグネチャーモデルだ。ヘッドストックに5プライ、ボディーに7プライが施されたバインディングをはじめ、エボニー指板の採用やブロックインレイ、ヘッドストックのダイヤモンドインレイ、ゴールドパーツなど、レスポールカスタムの仕様が随所に採用されている。なお、同ギターはロッドカバーに“B'z TWENTIETH ANNIVERSARY”の文字が刻印された2007年製作モデル。今回のツアーでは「孤独のRunaway」「ハルカ」「ルーフトップ」「イチブトゼンブ」「DIVE」で使用された。



▲<Gibson TAK MATSUMOTO Double Cutaway GOLDTOP AGED #G001>

前述ギター同様、ダブルカッタウェイのオリジナルボディーシェイプが採用された2007年製作のシグネチャー。シリアルナンバーの“#G001”はゴールドトップの初号機を表すものだと思われる。元々エイジド加工が施されたモデルではあるが、ボディ裏に貼られた金属製の円形プレート(バックル傷からの保護用)の傷跡が歴戦を物語る。ヘッドストックにはTak Matsumoto MODELの文字が。ライヴでは「SKYROCKET」で使用。



▲<Gibson Les Paul 1957 Reissue #1-8283 (Gold Top)>

1991年生産の1957年製ゴールドトップリイシュー。松本は1957年製オリジナルをはじめ、1959年製オリジナルやそのリイシューを所有しているが、その中でも同ギターは鋭い高音域に特徴があるという。『DINOSAUR』レコーディングでは「ルーフトップ」にて使用されたが、ライヴでは「FIREBALL」「Don't Leave Me (※東京ドーム初日公演/同2日目は「MOTEL」)」「赤い河」「フキアレナサイ」といったナンバーで活躍。



▲<Gibson TAK MATSUMOTO Firebird Vintage Sunburst prototype #1>

ファイヤーバードのボディスタイルと、レスポールのヘッドストックを併せ持つTak Matsumotoオリジナルのシグネチャーモデル。ボディ構造はマホガニーバック/フレイムメイプルトップ。ピックアップはファイヤーバードに用いられるミニハムバッカーではなく、ハムバッカー(バーストバッカー)が採用されたほか、TAK MATSUMOTOダブルカッタウェイと同様に2ボリューム/1トーン、トグルスイッチをレスポールとほぼ同じ位置に配置した。ロッドカバーには“玲”のロゴが施されている。「それでもやっぱり」「弱い男」「Purple Pink Orange」で使用。



▲<Gibson Flying V Korina 50th Anniversary 2008 #8-8163>

前ツアー<B’z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT->で使用されて以降、松本孝弘のソロワークスでも活躍するモデルだ。自身の長いキャリアの中で初購入となったフライングVであり、コリーナ材を使用したフライングVが1958年に発売されてから50年後の2008年に100本限定で生産されたアニバーサリーモデル。ゴールドのハードウェアとピックガードをはじめとするブラックのパーツが精悍だ。サウンド的には高音域の強い派手さが特徴だとのこと。「King Of The Street」「Still Alive」で使用。



▲<Killer KG-Prime Original #KIS0552202>

アルバム『DINOSAUR』表題曲のIntroductionでは、恐竜が咆哮を放つかのようなアーミングプレイを聴くことができるが、同曲で使用されたのがフロイドローズを搭載したKiller KG-Prime Original。5年くらい前に入手したもので、初披露されたのは2013年11月30日に行われたEX THEATER ROPPONGIのこけら落とし公演<B'z Special LIVE>。実は11月30日はLOUDNESSの故・樋口宗孝(Dr)の命日でもあり、LOUDNESSの「Crazy Night」カバーのために高崎晃(LOUDNESSのギタリスト)が愛用する同モデルを使用。B'zのライヴで披露されるのはそれ以来となる。



▲<Gibson L-00 #90909004>

「愛しき幽霊」で使用されたスモールボディのL-00。オリジナルは1930年代初頭から1940年代初頭まで生産されたモデルで、同ギターは1999年製。ホワイトスクリプトロゴ、レクタンレギュラーブリッジ、ネックシェイプが再現されたリイシューモデルだ。なお、サウンドホールに設置されているのはFishman製マグネットタイプのピックアップ。

◆【B'z 松本孝弘機材レポート AMP&EFFECTOR編】へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報