ジャスティン・ティンバーレイク、『マン・オブ・ザ・ウッズ』は年輪を重ねた男の等身大ポートレイト

twitterツイート

それは人生におけるごく自然なサイクルなのか、様々な体験をして成熟し、ある一定の年齢に達すると、人は自分の出自について改めて考えたくなる。考えずにはいられなくなる。故郷や家族、そして幼少期の環境が自分の価値観や美意識の形成に与えた影響の大きさを再確認したり、自分は前の世代から何を受け継ぎ、次の世代に何を残すのだろうかと想いを馳せたり…。約5年ぶりのニュー・アルバム『マン・オブ・ザ・ウッズ』を聴く限り、37歳の誕生日を迎えたジャスティン・ティンバーレイクにも、どうやらそういう時期が到来したらしい。


きっかけが何だったのか、勝手な想像を巡らせるしかないのだが、2005年に女優である妻ジェシカ・ビールとの間に、息子サイラスが誕生したことなのではないかと思う。彼はこのアルバムについて「息子と妻と家族に加えて、かつてなく自分の出自にもインスパイアされた」と語っており、今までで最もパーソナルな作品に仕上がっていることは言うまでもないだろう。何しろ妻子の声も織り込まれ、過去3枚のアルバム…1st『ジャスティファイド』/2nd『フューチャー・セックス/ラヴ・サウンズ』/双子の3rd『20/20エクスペリエンス』&『20/20 エクスペリエンス 2/2』とは明らかにモードが違う。フューチャリスティックでファンキー極まりなく、それでいて、大地にしっかり足を付けたアーシーな重みとぬくもりがある。どこか映画のキャラクターを演じているかのような、ファンタジー的側面があった従来の作品に対し、今回は素顔が見える。これらの曲が浮き彫りにするのは、家族を持つひとりの男、アメリカ南部出身者ならではの気質を備え、その土地や歴史と深い絆で結ばれたひとりの男の、等身大のポートレイトだ。


そんな重要なアルバムに着手するにあたってジャスティンは、15年前に自分が大人のアーティストへと脱皮するプロセスに立ち会ってくれた同志たちを集めた。ほかでもなく『ジャスティファイド』で組んだティンバランドとザ・ネプチューンズ(ファレル・ウィリアムス&チャド・ヒューゴー)である。さらに、長年ティンバランドを支えてきたネイト・デンジャ・ヒルズを交えた布陣は、まさに最強。

このメンツならどう転んでも面白い音楽が生まれたに相違ないが、彼は一種のコンセプチュアルな提案をした。アメリカ南部で生まれたルーツ・ミュージックを、長年R&B/ヒップホップの世界に身を置いてきた自分たちのフィルターを通して再解釈し、現代のプロダクション、現代のマシーン・サウンドと対話させようというものだ。そういう意味で、実力派カントリー・アーティストのクリス・ステイプルトンとアリシア・キーズという、タイプは異なるが、それぞれにオーセンティックな声の持ち主をゲストに選んだことも象徴的。ジャスティンならではのチョイスであり、異質な要素を共存させた本作のユニークな試みを通じて、アメリカの多様性を讃えているようでもある。


なぜって、彼の生まれ故郷であるテネシー州メンフィスこそは、20世紀半ばにアメリカの音楽の礎が築かれた場所。あのサム・フィリップスが経営するサン・スタジオとサン・レコーズを擁し、B.B.キングやルーファス・トーマス、エルヴィス・プレスリー、ロイ・オービソン、ジョニー・キャッシュといったレジェンドたちが闊歩したブルース、ソウル、ロカビリー/ロックンロール、カントリーの源流を辿れる町だ。そんなメンフィスの音楽的遺産は、祖父からカントリーの手ほどきも受けたジャスティンのDNAの一部なのである。リリースに先立って「ジャスティンの新作はカントリー!?」などとしきりに噂されもしたが、本作は、そんな単純な代物じゃない。ギターの存在感が非常に強いとはいえ、一番分かりやすいのは“808(注:ローランド社のリズムマシンTR-808)を伴ったモダン・アメリカーナ”なる、彼自身の説明だろう。


そしてリリシストとしてのジャスティンも、温故知新志向のサウンドメイキングと同様に、“ふるきをたずねて新しきを知る”作業を実践したように見える。自分の血筋、南部への愛着、サザン・マンとしての矜持、妻子への愛、この先向かおうとしている場所…。過去と現在と未来へ視線を向けて、自分にとって大切なものを見極めていて。そう、これは彼の息子が大きくなってから聴いた時に、父親がどんな人間なのか教えてくれるアルバムなのかもしれない。もちろん我々聴き手も、この稀代のスーパースターとの距離感を、本作で一気に縮めることになりそうだ。

文:新谷洋子


ジャスティン・ティンバーレイク『マン・オブ・ザ・ウッズ|Man Of The Woods』

発売中
SICP-5757 2500円+税
※歌詞・対訳・解説付
試聴/購入:https://lnk.to/JT_ManOfTheWoods
1.Filthy|フィルシー ※MV: smarturl.it/jFILTHYv
2.Midnight Summer Jam|ミッドナイト・サマー・ジャム
3.Sauce|ソース
4.Man of the Woods|マン・オブ・ザ・ウッズ
5.Higher Higher|ハイアー・ハイアー
6.Wave|ウェイヴ
7.Supplies|サプライズ ※MV: smarturl.it/jSUPPLIESv
8.Morning Light feat.Alicia Keys|モーニング・ライトfeat.アリシア・キーズ
9.Say Something feat.Chris Stapleton|セイ・サムシング feat.クリス・ステイプルトン
10.Hers(interlude)|ハーズ(インタールード)
11 Flannel|フランネル
12.Montana|モンタナ
13.Breeze Off the Pond|ブリーズ・オフ・ザ・ポンド
14.Livin' Off the Land|リヴィン・オフ・ザ・ランド
15.The Hard Stuff|ザ・ハード・スタッフ
16.Young Man|ヤング・マン

【ジャスティン・ティンバーレイク・バイオグラフィー】

1981年1月31日生まれ。テネシー州メンフィス出身。グラミー賞10冠、エミー賞4冠に輝く無敵の総合エンターテイナー。人気グループ、イン・シンクのメンバーとしてトータルセールス4,000万枚以上という偉業を達成。2003年、アルバム『ジャスティファイド』でソロ・デビューを果たすと、全米アルバムチャートで70週以上チャートイン、全世界で1,000万枚近いセールスを記録し、瞬く間にスーパースターとしての地位を確立。続く2006年発表の2ndアルバム『フューチャー・セックス/ラヴ・サウンズ』、2013年発表の3rdアルバム『20/20エクスペリエンス』は全米1位を獲得。『20/20エクスペリエンス』では3週連続トップの座をキープするなど、iTunesチャートでも93カ国で1位を記録。当時のiTunes全世界累計初週ダウンロード数最高記録を当時更新するとともに、初週セールス自己最高記録を大幅に更新。さらに、アメリカ国内で同年最も売れたアルバムとしても認定された。2016年には、自身がエグゼクティブ・ミュージック・プロデューサーも務めた大ヒット映画『トロールズ』のテーマ曲「キャント・ストップ・ザ・フィーリング!」(全米シングルチャート1位)が世界的大ヒットなり、自身10冠目となるグラミー賞を受賞。アーティストとしてのみならず俳優としてのキャリアも確立しており、社会派デヴィッド・フィンチャー監督大ヒット映画『ソーシャル・ネットワーク』(2010年公開)から、ミラ・クニスと共演したラヴ・コメ『ステイ・フレンズ』(2011年公開)等、ハリウッドヒット作に多数出演。最新作は、日本で2018年夏全国公開となるウディ・アレン監督作『ワンダー・ホイール(原題)』で、ケイト・ウィンスレットと共演を果たしている。こうした状況の中、自身4作目となる待望の最新アルバム『マン・オブ・ザ・ウッズ』のリリースが決定。さらに、アメリカ現地時間2月4日(日)、ミネアポリスで開催される第52回スーパーボウルのハーフタイムショーに出演。


◆ジャスティン・ティンバーレイク・オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報