アンスラックス、スレイヤーからのツアーの誘い「最後だとは知らなかった」

twitterツイート

アンスラックスは、5月に始まるスレイヤーの“ファイナル”北米ツアーに参加するが、2ヶ月ほど前、スレイヤー側からこの誘いがあったとき、これが彼らの最後のツアーになるとは知らされていなかったそうだ。

◆スコット・イアン画像

ラム・オブ・ゴッド、ベヒーモス、テスタメントも参加すると聞き、大興奮し、オファーを快諾したというアンスラックスのスコット・イアンは、米デトロイトのWRIFラジオ局のインタビューで、ファイナルになるとは「彼らが正式に発表するまで」気づかなかったと話した。

「みんなと同じように、あれを見たんだ。終わりの始まりだって。“ワオ!”って思ったよ。知らなかった。もちろん、俺は彼らと友達で、こういう日が来るって話は出てたし、彼らのスケジュールが以前よりゆるくなったのは知ってた。でも、それがいまだとは知らなかった。俺の唯一の望みは、このグッバイ・ツアーが3年か4年続いて欲しいってことだけだ。スレイヤー・ファンとしての俺の望みは、彼らには本当にやり過ぎってまでやって欲しい。だって、終わりを迎えるまで何度でも観たいって人はたくさんいるだろうから」

スレイヤーは2013年にギタリストのジェフ・ハンネマンを肝不全のため喪っており、スコットは、なぜ彼らが止めようと思ったのかわかるような気がするとも話した。

スレイヤーの北米ツアーは5月10日から6月20日まで予定されている。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報