【インタビュー 前編】wyse、シングル「Break Off」完成「テーマは“何を断ち切るか”」

twitterツイート

13年ぶりとなる全国ツアー<wyse Live Tour 2017 Breathe>を大成功させたばかりのwyseが、2月7日にニューシングル「Break Off / キミグラデーション」をリリースする。テレビ東京『じっくり聞いタロウ』2月度エンディングテーマに起用される「Break Off」はツアー中にレコーディングが行われ、そのファイナル公演で初披露されたバンドの新たな息吹を感じさせるナンバーだ。

◆「Break Off」SPOT映像

インタビュー前編では、久しぶりに全9都市10公演を廻った手応え、ツアーだからこそ感じられた高揚感について振り返ってもらいつつ、三代堅をアレンジャーに、MOTOKATSU (THE MAD CAPSULE MARKETS)をドラマーに迎えた「Break Off」の制作エピソードを語ってもらった。

なお、後日改めて公開する後編では、未来を切り拓く彼らのメッセージが刺さる歌詞を掘り下げるほか、カラフルなナンバー「キミグラデーション」(テレビ埼玉『モテ福』2月度エンディングテーマ)の制作エピソードや、結成20周年イヤーの幕開けとなる<Opening of the 20th year Special Live「360°-1999-2018-」>のヴィジョンをお届けする。

   ◆   ◆   ◆

■「最高のツアーだったね」って
■メンバー同士で言い合いました

──2017年は16年ぶりにして、メジャーデビューアルバム『Breathe』を引っ提げた13年ぶりのツアー<wyse Live Tour 2017 Breathe>で全国を廻りましたが、どんなことを感じましたか?

MORI:13年ぶりのツアーは大きかったですね。全国を廻るという意味では時間が経っていることもあって“どこまでwyseが求められているんだろう?”って不安もあったんです。でも、1ヵ所1ヵ所で「お帰りなさい」っていう声をもらって。ファンのみんなには当時の自分たちのライブの印象がそのまま残っていて足を運んでくれたんだと思うんですけど、自分たちも過去にその土地土地で作ってきたライブが当たり前のようにできた。アルバムを引っ提げてのツアーですけど、自分としては“wyseです、ただいま”っていう気持ちが強かったし、想像以上のものをファンのみんなから返してもらえましたね。

HIRO:久しぶりのツアーなので、僕も始まる前は“どんな感じなんだろう?”ってちょっと怖かった部分があったんです。でも、初日のHEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3公演が恒例の<wyse祭>だったこともあって、すごく盛り上がって。その流れのまま2ヵ所目の福岡に繋げていけて良かったですね。福岡DRUM SON公演は移動のハプニングがあったんですけど。

▲月森(Vo)

──なにがあったんですか?

HIRO:ちょうど台風が九州方面に来ていて、“飛行機が飛ばないかもしれない”っていうことで急遽陸路移動になったり。そういうアクシデントも含めて“楽しいな。ツアー廻ってる感じがするな”って。ファンのみんなも悪天候の中、頑張って来てくれたし。1本1本が繋がっていくのがツアーなんだなって再確認もできましたね。初日からファイナルに進むにつれて成長する過程を自分らでも実感できたし、観に来てくれたファンのみんなも感じてくれたんじゃないかな。結果、ファイナルの新宿ReNYでは爆発できて、終わった後に「最高のツアーだったね」ってメンバー同士、お互いに言い合いました。

月森:いつも来てくれている人たち、久しぶりの人たち、初めての人たちが集まってくれて、自分たちだけじゃなく、会場に来てくれたファンのみんなからも意気込みを感じました。ライブで育っていないアルバムの曲たちがツアーの中でどんどん完成していくのがすごく楽しかったし、“わあ! ツアーだな”って。

──ファンからもエネルギーをもらったんですね。

月森:そうです。俺らよりみんなのほうが熱い瞬間もあったし、すごいものを見せてもらっている感じがありました。元気をもらって感動させてもらって……素敵でしたね。

TAKUMA:このインタビューの時点では、まだツアーが終わって1ヶ月ぐらいしか経ってないんですけどね。

月森:そんな最近のことだったっけ?

TAKUMA:そう。同時進行でいろいろな作業をやっていたこともあって、ファイナルが1年ぐらい前のことに感じられる。それくらい時間の流れが濃かったのかなって。これまではツアーに出るというアクションを起こすことが現実的に難しい側面もあって、“行きたいけど行けない”という気持ちを抱えたまま何年も経ってしまったんですよ。だけど去年、“行くべきだ”っていう決断をして、今回廻ってみたら“なんで今まで重い腰を上げられなかったんだろう?”って。

▲TAKUMA(Vo&B)

──行動したからこそ初めて見えるものがあった?

TAKUMA:“無駄なことなんてないんだ”ってやってみて思ったし、不思議なもので廻っている途中から次のツアーを組みたくなったんですよ。その土地土地の人たちへの想いがどんどん強くなっていったというか、「絶対、また来るから待っててくれよ」って約束を交わせたので。

──それだけ長い時間をメンバーと一緒に過ごしたのも久しぶりだったのではないですか?

TAKUMA:それもありますし、ツアーと単発ライブって劇的なぐらい違うんだなって。まず、土地土地でライブの印象が違うんですよ。僕らの思い出を塗り替える場所もあったし、思い出通りの場所もあったし、初めての出会いもあった。久しぶりのツアーだったので、時間が経って失ってしまったものもあるだろうと感じていたんですけど、全然そうじゃなかった。今回のツアーはバトンを繋いでいくような感覚を持ちながら1本1本廻れたのが良かったですね。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス