小沢健二「ある光」、21年の時を経て配信開始

twitterツイート

小沢健二の「ある光」が、CD発売からおよそ21年の時を経て配信シングルとしてリリースされた。

◆小沢健二 画像

「ある光」は、活動休止直前の1997年にシングルのみで発売され、現在まで中古市場で高値で取引されている幻の楽曲だ。ファンキーなリズムの上に歌詞、メロディー、ギターサウンドが高い密度で構築された8分16秒に及ぶ大作で、“この線路を降りたら全ての時間が 魔法みたいに見えるか”という歌詞はその後の小沢自身を予見しているとも言われてきた。

なお、小沢がホスト役を務めるApple Musicオリジナルコンテンツ『Tokyo, Music & Us 2017-2018』第2弾も本日2月2日(金)より解禁となっている。こちらではゲストとの対談や彼の朗読に加えて、「ある光」のライブセッションの模様も楽しめる。

満島ひかりを迎えたエピソード1に続き、今回ゲストとして登場するのは峯田和伸(銀杏BOYZ)だ。小沢と峯田は下北沢の小さなスナックを舞台に語り合い、街を歩き、高架下に用意されたステージでは峯田からのリクエストで、彼の20歳の誕生日に発売されたという「ある光」の熱いセッションを展開する。


■リリース情報

小沢健二「ある光」(JFK 8'16" Full Length)
配信中
iTunes Store:
http://po.st/it_oza_ah

Apple Music:
http://po.st/am_oza_ah

■配信情報

『Tokyo, Music & Us 2017-2018』

配信開始日: 2018年2月2日(金)~
出演: 小沢健二/ゲスト 峯田和伸(銀杏BOYZ)
URL: https://www.applemusic.com/tokyomusicandus

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報