メタリカ、クリフの故郷が“クリフ・バートン・デー”制定

twitterツイート

メタリカのベーシストだった故クリフ・バートンの故郷、米カリフォルニア州アラメダ郡の管理委員会が、バートンの誕生日を“クリフ・バートン・デー”と定めたそうだ。バートンは1962年2月10日、同郡のカストロ・ヴァレーで誕生した。

◆クリフ・バートン画像

メタリカのファンは記念日の制定を目指し、Change.orgを通じオンライン署名運動を行なっていたという。

それが認められ、メタリカは火曜日(2月6日)、Twitterでこう報告した。「オフィシャルだ! アラメダ郡の管理委員会がいま、クリスの56回目の誕生日にあたる2018年2月10日を“クリフ・バートン・デー”にすると発表した。これに取り組んでくれたファンのみんなに感謝する。俺ら、彼がいまだ崇拝され続けていることを嬉しく思う」


バートンは1982年にメタリカに加入し、バンド初期のサウンドに多大な影響を与えた。ツアー・バスの事故で亡くなってから30年以上が経つが、いまも変わらず、その才能は高く評価されている。



Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報