【インタビュー】Ram、“自分らしく”をテーマに作りこんだラブストーリー『Just As I Am』

twitterツイート

DIVA(AKB48派生ユニット)のメンバーを経て、2016年6月にR&Bシンガーとしてソロ・デビューを果たしたRam。秀でた歌唱力と美麗なルックスを備えたニュー・ヒロインの誕生はシーンに強いインパクトを与え、デビュー以降注目を集め続けている。そんなRamの1stフル・アルバム『Just As I Am』が1月24日にリリースされた。翳りを帯びたスタイリッシュ&セクシーな世界観と柔らかみやピュアさといったRamの人となりが溶け合った同作は、非常に魅力的なアルバムといえる。フル・アルバムを完成させて、いよいよ本格的な活動をスタートさせる彼女の最新の声をお届けしよう。

◆Ram~画像&映像~

■曲を作る前にどういうストーリーにするかということを話し合いました
■それが、それぞれの曲のカラーがはっきりして深いものになっている理由


――まずは音楽的なバックボーンなどを、改めてお願いします。

Ram:私は小学校3年生くらいから芸能界の養成所に通うようになって、ダンスと歌を習っていたんです。その頃はあまり上手くもなくて、養成所の校長先生とかにも「あんたはダンスも歌も上手くない」とよく言われていました。「だから、キャラで売っていけ」と。そういう状態だったので、歌は好きでしたけど、自信がなくてあまり人前で歌うことはしていなかったんです。でも、発表会とかに出ても歌が上手くないと前のほうに出してもらえなくて、それが悔しかったし、オーディションで宇多田ヒカルさんの「First Love」を歌った時に、「あんたは、この歌を歌うのは10年早い」と言われたんですよ。それがすごくショックで、初めて歌の勉強をちゃんとしようと思って。それまではレッスンの一環として適当に歌の授業を受けていたけど、ちゃんと先生の話を聞いて、ちゃんと歌の練習をするようになりました。

――先生方の厳しさが、良い方向に導いてくれましたね。子供の頃からブラック・ミュージックが好きだったのでしょうか?

Ram:養成所ではダンスを習っていて、R&Bとかヒップホップで踊ることが多かったので、慣れ親しんでいたというのはありますね。ジャネット・ジャクソンさんとかの曲で、歌って、踊ってという感じだったんです。それで、お母さんに英語にフリガナをつけてもらったりして、歌の練習をしていました。ただ、自分で歌ったり、オーディションで歌ったりするのはJ-POPが多かったです。ずっと、そういう感じだったので、ソロ・シンガーでデビューしてR&Bを歌おうと決めた時は、それまでとは歌い方とかも全然違うので、すごく難しかったというのは正直ありますね。でも、R&Bに挑戦したいという気持ちが強くあったので、がんばりました……というか、今も勉強中です(笑)。


――自分がやりたいことをやるというのは大事ですよね。では、1月24日にリリースされた1stアルバム『Just As I Am』について話しましょう。本作を作るにあたって、テーマやコンセプトなどはありましたか?

Ram:今回のタイトルにもなっているように、“Just As I Am=自分らしく”ということがテーマとしてありました。前作の『Ram』(2016.6.22リリース)はDJ PMXさんがフル・プロデュースしてくださったので、自分らしさの中の一部分しか出ていないなということを実感していたんです。今回はもっと自分らしさを出したいなというのがあったし、前作は男性リスナーの方からの反響がすごく大きかったので、もっと女性にも聴いて欲しいという気持ちがあって。それで、今回は恋愛ソングを多めにしました。それに、アルバムを通して歌詞が一つのラブストーリー仕立てになっています。歌詞を書いてくださったのは作家の方ですけど、最初に私がストーリーを全部書いて、それを作家さんに渡して、歌詞を書いていただきました。でも、作家さんが男性の方だったので、女性ならではの心理とか感情のちょっとしたニュアンスが伝わらないところがあったんですね。そういうところは、お話をさせてもらって、一緒に作っていきました。

――丸投げではなくて、自分の個性を入れられたんですね。楽曲に関しては昔ながらのR&Bではなくて、R&Bの洗練感や憂いなどの要素だったり、少ない音数で世界観を構築するというヒップホップ系のトレンドのアプローチなどを活かして、独自かつ魅力的な音楽を創りあげていることが印象的です。

Ram:ありがとうございます。それは曲を作ってくださった方達の力で、私の手柄ではないです(笑)。ただ、曲作りはお任せしましたけど、曲を作る前にどういうストーリーにするかということを作曲していただく人と話をしました。それで、たとえば孤独感を出すならこういう音楽で、こういう音像だよねということを話してから曲を作っていただいたんです。それが、それぞれの曲のカラーがはっきりしていて、なおかつ深いものになっている理由の一つになっているんじゃないかなという気はします。それに、使う音色にもすごく気を遣ってくださっていて、鳴っている音の一つ一つが強いから音数が少なくても成立していますよね。素敵なサウンドのうえで歌えて、自分は幸せだと思います。

――上質な楽曲が揃っていて、幅広い層のリスナーが楽しめる一作になっています。数名のゲスト・ミュージシャンが参加されていることも特徴になっていますが、ゲストの人選はどんな風に行なったのでしょう?

Ram:スタッフさんと話し合って決めたんですが、“はじめまして”の方ばかりで、最初はすごく緊張しました。ソロを始めるまではヒップホップ畑の方とは親交がなかったですし、男性の方が多いので、最初は会話とかにも入りにくかった。それに、ラッパーさんとかは見た目が怖そうな人が多いですよね(笑)。だから、どうしよう…と思ったけど、話してみると皆さん良い人だし、優しくてホッとしました(笑)。作業もスムーズで、コラボレートはすごく楽しかったです。ただ、ゲストの方に参加していただいているのは前作の「Ram」にも収録されている曲だけで、新曲は私一人で歌っています。

――そのバリエーションも楽しめました。もう一つ、シンガーソングライターの場合は曲作りや作詞、自身の個性といった全体でアピールできますが、シンガーは純粋に歌だけで勝負することになります。その辺りは、どう捉えていますか?

Ram:そのことは肝に銘じていて、歌には本当にこだわりました。自分が伝えたい風に歌えない部分もあって、それがすごく悔しくて、何度も何度も歌ったし、次の歌録りまでに、こういうところを鍛えようと考えたりしながら録っていきました。声質とかもかわいくなってしまったりして、「ここは、もっとセクシーに歌えない?」と言われて、自分としてはすごくセクシーに歌っているんだけどな…みたいな(笑)。でも、セクシーな歌というのはセクシーな気持ちになれば歌えるというものではなくて、セクシーに感じさせる歌い方というのがあるんですよね。色気に限らず、穏やかに聴こえたり、せつなく聴こえたりするのもそう。なので、いろんな表現の仕方を自分なりに研究したし、録りの現場でも「ちょっと違うね」ということになったら、「じゃあ、こういう感じはどうですか?」といって歌って、「うん、こっちのほうが良いね」というような話し合いをしながらレコーディングしていきました。

――自分を甘やかさずに、レコーディングを成長の場にされたことが分かります。

Ram:レコーディングすると普段の発声練習とか、歌の練習では分からなかったことがいっぱい出てくるというのがあって。だから、すごく勉強になるんですよね。そういう良いチャンスなので、ここで習得できるものはもう全部身につけようと思って、がんばりました。

――歌の表情が豊かで、それぞれが魅力に富んでいて聴き応えがあります。『Just As I Am』を作っていく中で、Ramさん的にキーになったなと思う曲をあげるとしたら?

Ram:「U & Me」と「Fade away」です。「U & Me」は、自分的に歌詞が一番せつないかなと思っていて。ストーリー的には「Party Out」の続きで、「Party Out」で出会った男性にパートナーがいたということを歌っていて、そのせつなさを歌で表現したいなと思って。でも、アップテンポなので、どうしても歌い方がちょっと明るくなってしまうんですよ。それを、声質も含めて、もっと悲しく、もっとせつなく…というところで、ちょっと大変な部分がありました。

――個人的には、それが良い結果に繋がっている気がします。せつない歌ですがドロドロしていなくて、透明感のある曲になっていますので。

Ram:嬉しいです(笑)。サビの部分とかが結構高音だったので、どう歌おうかなと思って。キーが高いからファルセットでしか歌えないけど、ファルセットで感情を出すのは難しいんですよね。それで、自分でいろんな歌い方を試してみて、“これかな”というのを見つけて完成させました。そんな風に「U & Me」は大変でしたけど、その分得るものがあった曲といえますね。「Fade away」は、歌を録るのに一番時間が掛かりました。もう、めっちゃ難しかった(笑)。歌のキーが低いし、しかもテンポが遅いし…という(笑)。ディレクターの方に、「やっぱり、遅い曲は苦手だよね」と言われながら歌っていました。低い声でせつない感じを出すのが難しいし、グルーブを感じながらリズム良く歌うというのもすごく難しくて。ただ単に低い声で歌うと、なんかもうアイドルが無理して低い声で歌ってるようにしか聴こえないと思って(笑)。しかも、この曲は全編セクシーにと言われて、“うーん…”みたいな(笑)。この曲は、本当に時間が掛かりましたね。

――でも、今回のアルバムの歌は全体を通して艶やかですし、濃厚過ぎないセクシーさが魅力になっていると思います。

Ram:今回のストーリーが大人の男性に恋をするというテーマなので、やっぱり子供っぽくてはダメで、女性の側も大人っぽくないと釣り合わないというのがあって、女性が背伸びしている部分を出したかったんです。前回のEPの時はフレッシュさとか、かわいらしさを表現した作品だったけど、今回は大人な感じのちょっと背伸びした女性像を描きたかったんですよね。それが、本当に難しかったです。ただ、大人の女性ではなくて“背伸びしている女の子”なので、セクシー過ぎなく感じてもらえるとしたら、ちょうど良いのかなという気はします。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報