三浦大知の歌の魅力。「歌とダンスが相思相愛になるのが理想」

twitterツイート

昨年の紅白歌合戦での“無音シンクロダンス”が話題となり、いま最も注目を集めている男性ソロアーティストと言っても過言ではないほどの活躍を見せる三浦大知。
◆関連画像

天性の歌声とリズム感、抜群の歌唱力と世界水準のダンスで人々を魅了し、コレオグラフやソングライティング、楽器も操るという類まれな才能の持ち主で、彼のことをスーパーエンターテイナーと呼ぶ人も少なくない。

そんな彼が先日、NHK総合で放送されている『SONGS』に出演。多才な彼のなかでも活動の主軸となる“ダンス”と“歌”をフィーチャーした番組構成だった。トークパートでの対談相手は女優の土屋太鳳。彼女は幼少期から日本舞踊やコンテンポラリーダンスを学んでおり、2016年の紅白歌合戦ではダンサーとしてステージを盛り上げた。初対面ながらにダンスという共通の表現方法を持つ2名の対談は、非常にクリエイティブな内容に富んでいた。


三浦のことを「(表現が)あたたかくてやわらかい。太陽のよう」と評した土屋は、三浦の紅白での“無音シンクロダンス”に感銘を受けたと目を輝かせる。無音シンクロダンスは三浦が「歌にアカペラがあるように、ダンスにもそういうものがあってもいいのでは」とひらめいたところから実現したもの。紅白ではベストな映像を撮るために三浦自身がカメラを確認し、振り付けを修正していった。実際のステージでは8人のダンサーとともに彼のアカペラでダンスをし、その間奏を無音のシンクロダンスで表現。その緊張感のなか歌い出しとともにオケが流れた瞬間、感嘆の溜息をもらした人も多いのではないだろうか。“ダンスだけで音楽が聴こえる演出”を心がけたという。

彼はダンスについて「聞こえない“音”を感じさせる」「楽曲を引き立てるもの」と語り、「歌とダンスが相思相愛になるのが理想」だと言う。この発言からもわかる通り、彼は音楽に重きを置いた表現をしているのだ。これだけの身体能力がありながらもシンガーとしての活動を続けているのは、彼が“歌”という表現にもダンスと等しい魅力を感じ、突き詰めているに他ならない。

番組の後半では彼の歌にフォーカスが当たる。三浦は1997年にFolderのメインボーカルとしてデビュー。若干9歳で安定感と迫力のある歌唱を聞かせ、それはThe Jackson 5の再来と言われるほどであった。土屋は三浦に「あれだけ踊っているのになぜ歌っていても息が荒れないのか」と率直な疑問を投げかける。三浦にはヘッドセットマイクを使わず、ハンドマイクパフォーマンスにこだわっている意外な理由があった。それは「ハンドマイクだとマイクを離せば、息が荒くなっていることがバレない(笑)」という面もあるが、本質は「マイクと口との距離感も表現になるから」「マイクの使い方で歌に深みが出るから」だという。自身の持つ歌唱力をさらに引き立てる努力と工夫も欠かさないのだ。そのパフォーマンスが明示されていたのが「ふれあうだけで ~Always with you~」の歌唱シーンだった。この日は“アカペラで聴かせるSONGSスペシャルバージョン”として披露。1コーラスまるまるアカペラで歌唱するという、彼のボーカルにスポットライトを当てたパフォーマンスである。ソロのアカペラということは、間の取り方もテンポも声量もすべてが彼次第。その場の空気はもちろん自分の気持ちにも馴染むように間を取り、聴き手に語り掛けるように優しい温度の歌声を聴かせ、客席に視線を向ける。マイクも胸のあたりや、それよりももう少し下の位置。それにより声の響きや奥行きを感じられる、豊かなアカペラを聴くことができた。


オケが流れるとマイクを口元に近付けて歌唱。彼の歌は、音程が正確で声量があるだけでなく、歌詞が自然と耳に入ってくる。楽曲の世界観を心身にしっかりと浸透させていることが窺える。ナチュラルに楽曲と寄り添うからこそ、“あなた”と歌うシーンでは手を前に差し出し、“ぎゅっと”と歌うシーンでは自分自身を抱きしめる仕草をしたりと、歌詞に合わせて自然と身体も動くのだろう。最後まで曲の温度感と同じように、優しい表情を浮かべていたのも印象的だった。

彼は「気持ちが100%伝わるように歌うのは大事だが、自分の想いが強すぎてもだめなときがある。だからリラックスすることが必要」「自然体だと全力が出せる」と語っていた。だからこそ彼の表現はすべて、風に舞う煙や木の葉のようにしなやかさを纏っているのだろう。「EXCITE」では序盤はクールな歌声を聴かせ、じょじょにエモーショナルな歌声へとシフトさせていくところは楽曲のドラマ性を高めていた。楽曲の持つ世界をさらに引き立てるうえで、彼の歌の力はかなり大きい。

彼のキャリア初となるベストアルバムでは、その歌唱力の成長の変遷を感じることができるだろう。ソロデビュー曲「Keep It Goin' On」から「U」までの全シングル24曲を網羅し、CD初収録となるDREAMS COME TRUE提供楽曲「普通の今夜のことを − let tonight be forever remembered −」と新曲「DIVE!」も加えた全26曲を収録。歌唱だけに集中した彼の歌を聴けるのも音源の醍醐味である。

彼は番組の最後で、「オリジナルでありたい」「気づきを与える人間でありたい」と語っていた。いろんなことに興味を持ち、影響を受けながらも、なにをしても自分にしかできないものになるという芯のある人物を目指すだけでなく、関わる人々が“知らない自分”に出会えるきっかけの存在になりたいと話す彼はどこまでもナチュラル。自分の才能を絶えず磨き続けてきた彼だから打ち立てられる“唯一無二”は、まだまだ広がりを見せそうだ。

文◎沖 さやこ


ベストアルバム『BEST』

2018年3月7日発売

■2CD+DVD(CD+DVD+スマプラムービー+スマプラミュージック)
AVCD-16835~6/B ¥4,500(税別)

■2CD+Blu-ray(CD+Blu-ray+スマプラムービー+スマプラミュージック)
AVCD-16837~8/B ¥5,500(税別)

■2CD(CD+スマプラミュージック)
AVCD-16839~40 ¥3,200(税別)

収録内容
[CD DISC A]
1. Keep It Goin' On
2. Free Style
3. Southern Cross
4. No Limit featuring 宇多丸(from RHYMESTER)
5. Flag
6. Inside Your Head
7. Your Love feat. KREVA
8. Delete My Memories
9. The Answer
10. Lullaby
11. Turn Off The Light
12. Two Hearts
[CD DISC B]
1. Right Now
2. Voice
3. GO FOR IT
4. Anchor
5. ふれあうだけで 〜Always with you〜
6. IT'S THE RIGHT TIME
7. Unlock
8. music
9. Cry & Fight
10.(RE)PLAY
11. EXCITE
12. U
13. 普通の今夜のことを − let tonight be forever remembered −
14. DIVE!
[DVD/Blu-ray]
Keep It Goin' On
Free Style
Southern Cross
No Limit featuring 宇多丸 (from RHYMESTER)
Flag
Inside Your Head
Your Love feat. KREVA
Delete My Memories
The Answer
Lullaby
Turn Off The Light
Two Hearts
Right Now
GO FOR IT
Anchor
ふれあうだけで 〜Always with you〜
IT'S THE RIGHT TIME
Unlock
music
Cry & Fight
(RE)PLAY
EXCITE
U
普通の今夜のことを − let tonight be forever remembered −
DIVE!

■3CD(OFFICIAL FANCLUB “DAICHISHIKI” Edition) (CD+スマプラミュージック)
AVC1-16841~3
¥3,900(税別)
今アルバム収録曲以外の全楽曲の中から三浦大知ファンクラブ「大知識」会員によるファン投票により選出されたTOP10楽曲を[DISC C]に収録(※DISC A, Bは共通となります。)
[DISC C]
別れのベル
誰もがダンサー
Bring It Down
Who’s The Man
Elevator
ほか全10曲(収録曲順未定)

<DAICHI MIURA BEST HIT TOUR in 大阪城ホール/日本武道館>

2018年2月14日(水)[東京]日本武道館 開場17:30/開演18:30
全席指定 6,800円(税込)
(問)ディスクガレージ 050-5533-0888

2018年2月15日(木)[東京]日本武道館 開場17:30/開演18:30
全席指定 6,800円(税込)
ディスクガレージ 050-5533-0888

WOWOW番組情報

最新全国ツアーの2月15日(木)ファイナル公演をWOWOWで生中継
「生中継!三浦大知 DAICHI MIURA BEST HIT TOUR in 日本武道館」
2018年2月15日(木)夜6:30~ WOWOWライブ
http://www.wowow.co.jp/music/daichi/

ライブ・ビューイング情報

タイトル:DAICHI MIURA BEST HIT TOUR in 日本武道館 LIVE VIEWING
日時:2018年2月15日(木)18:30開演
会場:全国各地の映画館
料金:全席指定 3,600円(税込)

詳しくはこちらをご覧ください。
DAICHI MIURA BEST HIT TOUR in 日本武道館 ライブ・ビューイング情報サイト
http://liveviewing.jp/daichi2018/

◆三浦大知 オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報