セバスチャン・イザンバール from イル・ディーヴォの来日直前インタビューが到着

twitterツイート

イル・ディーヴォでの活動のほか、シンガー・ソングライターとしても活躍するセバスチャン・イザンバールの初となる来日ソロ公演を目前に控え、緊急インタビューが到着した。

今回の来日公演は、2017年にリリースされたポップス作品をを携えてのものとなる。

──日本公演はどんな感じになりますか?

セバスチャン・イザンバール(以下、セバスチャン):バンドは4人組で、バック・コーラスとダンサーが2人いるよ。後は、たくさんの照明を使ったロマンティックな演出も用意してる。アップテンポな曲もパフォーマンスするから、会場のみんなに踊って欲しいぐらいだよ。

──ということは、雰囲気はミュージカルやキャバレー・ショーみたいなものですか?

セバスチャン:パフォーマンスするのはあくまでポップ・ソングだよ!エド・シーランとかワン・リパブリックのような本物のポップ・コンサートなんだ。

──セバスチャン自身は楽器を弾きますか?

セバスチャン:ギターとピアノを弾くよ。あとは、フレンチ・ソングも歌うよ。エディット・ピアフの“愛の讃歌”という曲さ。

──イル・ディーヴォの曲は歌いますか?

セバスチャン:来てのお楽しみだよ(笑)。でも、1曲は日本人ならみんなが知っている曲をアレンジしながら歌うつもりだよ。

──バレンタインデーにコンサートが行われますが、特別な演出はありますか?

セバスチャン:サプライズを用意しているよ。バレンタインデーは素晴らしい日だからね。すごくロマンティックなサプライズさ。

──いよいよ来週に来日公演が行われますが、現在の心境はどうですか?

セバスチャン:とても興奮しているよ。みんなが僕の曲を気に入ってくれると良いんだけど…100%を尽くすつもりだよ。いつも言っているけど、日本のファンは世界で一番素晴らしいんだ。世界で最も忠誠心が高いファンだと思う。とても尊敬しているよ。

ライブ・イベント情報

【大阪】
2/13(火) サンケイホール ブリーゼ
チケット:¥11,000(税込)
一般発売:12/2(土)
お問い合わせ:大阪ウドー音楽事務所 06-6341-4506 udo.jp/Osaka

【東京】
2/14(水) Bunkamura オーチャードホール
チケット:S¥11,000 A¥10,000(税込)
一般発売:12/2(土)
お問い合わせ:ウドー音楽事務所 03-3402-5999 udo.jp
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報