【インタビュー】READY TO KISS「私たちも“なりたいアイドルになります”って励まされた曲」

twitterツイート

メンバーも最初はタイトルに衝撃を受けたというREADY TO KISSの4thシングル「成増になります」(TBS系「有田ジェネレーション」2月度エンディングテーマ)が2月13日にリリースされた。コミカルソングかと思いきや、友達と受けた受験に一人だけ落ちてしまった主人公の切ない心理が描かれている今のシーズンにピッタリなナンバーに仕上がっている。板橋区成増の商店街を舞台に繰り広げられるミュージックビデオではメンバーが演技に初挑戦! 七人がそれぞれのイメージカラーの衣装を着て歌うシーンも収録されているが、ドラマがメインの青春感満載の映像になっているので、その役柄設定や演技にも注目してほしい。BARKSでは2月9日に新宿ReNYで開催された単独ライブ直前に楽屋で全員にインタビュー。本番前のドキドキ高揚する気持ちの中、この曲に賭けるレディキスの今を伝えてくれた。

◆READY TO KISS~画像&映像~

■テストのこととか思い出して“うわ~”ってなっちゃったんですけど
■最後は背中を押してくれるので「いい曲だな」と思いました


──4枚目のシングル「成増になります」がリリースされましたが、最初、タイトルを聞いた時は“シャレ?”って笑ってしまいました。

清川麗奈(以下麗奈):私たちも笑っちゃいました。

大川彩菜(以下彩菜):冗談かと思ってスタッフに確認しました。

上原歩子(以下歩子):タイトルだけ見たらどういう曲か想像つかないよね。

彩菜:最初まさか曲のタイトルだと思わなかった。

歩子:衝撃的でしたね。

麗奈:おもしろ路線で攻めるのかなと(笑)。

牧野広実(以下広実):デモが送られてきたのが福岡に向かう移動の時だったんですよ。みんなで「何このタイトル」って(笑)。


──ところが曲を聴いてみたら、受験に落ちちゃった女子が凹んで電車を乗り過ごしてしまい、気がついたら「成増になります」というアナウンスが駅から流れてきたというシチュエーションの切ない心理を歌った曲で。

麗奈:私は中、高と受験しているので、この曲に似た経験があるんですよ。そのときの苦い思い出が蘇ってきました。テストのこととか思い出して“うわ~”ってなっちゃったんですけど、最後は背中を押してくれるので「いい曲だな」と思いました。

彩菜:おふざけソングなのかと思ってたけど「切ないけど、これ、めちゃめちゃ応援ソングだな」って。ミュージックビデオもストーリー仕立てになっているので、ぜひ見てほしいですね。

──実際に成増の商店街で撮影しているんですよね。

彩菜:そうなんです。成増のことは知っていたんですけど。

──東武東上線に乗って降りたことがあるんですか?

彩菜:はい。この曲のように間違えたことがあって、目的地に行くのは各駅停車に乗らなきゃいけなかったのに池袋から急行に乗って成増まで行ったことがあるんですよ(笑)。なので、この曲の情景はすぐに浮かびました。

歩子:麗奈は受験の思い出を話してくれたんですけど、この曲って夢を持っている人とか何か新しいことに挑戦したいと思っている人にも当てはまると思ってるんです。私はアイドルになるのが夢だったので、この曲の“「なりたい自分にいつかきっとなります」言うだけは簡単だけど”っていうところが……。(言葉に詰まって泣き出してしまう)

──何か思い出させちゃいましたか?

千葉咲乃(以下咲乃):感情豊かなんです。

彩菜:それぐらい気持ちがこもっていて。

歩子:(涙をぬぐいながら)「こうなりたい」って夢を持つのは簡単だけど、なかなか自分がなりたいようにはなれないから……。この曲の最後では主人公は立ち直って“「なりたい」になります”って誓うんですけど、「いつか私もなりたいアイドルになれるように頑張ろう」って自分も背中を押された曲なんです。受験だけじゃなく、4月から新生活を送る人たちを励ます曲になっているので、夢がある人に聴いてほしいってすごく思います。

──千葉さんはどんなことを感じましたか?

咲乃:私は出だしの“みんなで受けた受験 一人だけ落ちた自分”っていうところが辛いなぁと思いました。

──主人公は合格した友達に気を使わせちゃったことも辛いなぁって思っているんですよね。

咲乃:そうなんですよ。そこがいちばん気持ちが昂ぶりました。

全員:(笑)。

彩菜:昂ぶったの?(笑)。

佐々木美帆(以下美帆):あと、この曲、サビで“成増になります”を連呼するんですよ。前回のシングル「READY TO KISS」もサビでタイトルをリピートする曲だったので、今回もみんなに覚えてもらいやすいなと思いました。振り付けでもサビで“N”の形を表現しているのでライブでは一緒にポーズができるんじゃないかなって。

天羽希純(以下希純):私も歩子が言ったように歌詞を自分の芸能活動に当てはめて聴いてしまいました。これまで自分にあまり自信がなくて「この挑戦はどうせムリだから」ってあきらめてしまうことがあったんですけど、チャレンジしてみなきゃわからないし、自分がなりたかったからアイドルをやっているので“「なりたい」になります”っていう気持ちがすごくわかったんです。これからもっと多くの人にレディキスの名前を知ってもらえるよう、なりたい自分になっていきたいと思えた曲でした。

広実:私は愛知出身なので、最初は成増ってどこにあるのかわからなかったんですけど、ポップで脳内から離れなくなるようないい曲なので、成増宣伝ガールにしてもらいたいと思ったぐらい(笑)。きっと私のように駅に降りたことがない人も多いと思うんですよね。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報