WAVE、バレンタインにライブとリリース

twitterツイート

2017年5月9日にメジャーデビューを果たした3人組ボーカルグループWAVEが、バレンタイン当日に、2枚のシングル同時発売とリリースライブを行う。

WAVEのメンバーYASU、MASA、SENの3人の声が表情豊かに、恋を歌い、愛を歌い、涙を歌い、儚さを歌い、夢を歌い、悔しさを歌い、熱いメッセージを歌う。2018年のバレンタインが、彼らの声で少しでも優しいものになればいい。そして、優しい時間になればいい。

「願い/冬の風」

「願い」は、“泣ける”バラードという通り、君と僕との毎日を記念日以上に意味を持たせて過ごしていきたいという思いを伝える。「冬の風」は、離れてしまった人を思う、冬の夜のシーンを描いた一曲。失って分かることは出会った数だけあって、どんな準備も何の役にも立たない。どんな悔しさがあったとしても、離れた人を優しく温かく思う気持ちを伝える。

「「願い」は、悲しい気持で落ち込んだり元気をなくしてしまったりしたときに、僕たちが歌うことや僕たちの曲を聴くことで暖かい気持ちになってほしいです。「冬の風」は、テレビ番組『じゅん散歩』タイアップソングで、幅広い世代の方に聴いていただいていると思います。懐かしい曲調のミディアムバラードで、歌詞にも注目して切ない冬の季節感も実感してもらいたいです」──MASA

「「願い」は、一人ひとりの歌声の個性をいちばん引き出せた曲だと思います。楽器の生の音を使用しているので、壮大な仕上がりになっています。前向きなバラードソングで僕自身も歌っていていつも背中を押されているなぁと思います。そんな気持ちになるくらい、気持ちが入る曲です。「冬の風」は、今まさにこの時期ぴったりな切ないミディアムバラードソングです。個人的にはこの曲はとても難しくて、レコーディングでずいぶん苦労しました。難しさの分、聴き応えも最高にある曲です」──YASU

「「願い」は、メンバーそれぞれの歌声と3人のハーモニーを堪能できる、壮大感ある至極のバラード曲です。この曲は特に生で聴いて欲しい曲のひとつです。「冬の風」は、タイトル通り、冬を感じるフレーズが歌詞の中に出てくるので、この季節にぴったりな曲。失恋の曲ですが、悲しさや寂しさがありつつ、どこか暖かさを感じられるような曲だと思います」──SEN


「Into the WAVE/GROW UP」

グループ名を含んだ「Into the WAVE」は、“時は待たない”“今しかない”と刹那的な思いを歌うダンスナンバー。「GROW UP」は、メンバーが作詞を手掛け、チームで目標に向かって諦めなくことなく進む姿を歌う、東京五輪正式種目「3×3」の名門チームTOKYO DIMEの公式応援ソング。3人で闘い、前へと進む姿はWAVE自身と重なるだろう。

「「Into the WAVE」は、WAVEのUPな楽曲の中でも代表的な一曲です。ファンの方と一緒に振りができる部分もあり、一体感が出せる曲です。「GROW UP」は、東京五輪正式種目プロバスケチーム「3×3」の名門チームTOKYO DIMEの公式応援ソングでもあり、仲間と一緒に成長や熱い気持ちを描いた前向きな楽曲です。」──MASA

「「Into the WAVE」は、WAVEといえばこの曲といってもいいぐらいライブでは定番の楽曲です。WAVEの曲で唯一のEDMの曲でノリノリな曲なので、朝起きて聴いたり、車で聴いたりもおススメです。ライブでもめちゃめちゃ盛り上がる曲なのでライブにお越しの際には一緒に盛り上がりましょう!「GROW UP」は、爽やかな曲で、夢や目標など何かにつまずいたときは、これを聴いて元気になってもらえたら嬉しいです。僕自身もバスケ経験者として今回この曲がリリースすることになりとても嬉しいです。バスケ界がこの曲でさらに盛り上がったらいいなぁと思います。歌詞はメンバーが担当したので歌詞にも注目です!」──YASU

「「Into the WAVE」は、セットリストに必ず入る曲といっても過言ではない代表曲です。それぐらい存在が大きい曲なので、リリースすることができて嬉しいです。一緒に楽しめる振りがあるので、会場に来られた際は皆さんと一緒に楽しみたいです。「GROW UP」は、「何かにチャレンジする時やネガティブになりそうな時に聴きたい曲」そんな一曲になれたら光栄です。作詞 WAVEということで、初めてメンバー共同で作詞した記念すべき曲です」──SEN


まったく違う2枚のCDリリースと同時に、morph-tokyoでワンマンライブを行う彼ら。この日は、2月22日のMASAの誕生日も祝う。

そして、このワンマンライブの見どころも、それぞれから聞いた。

「約3年前の初ワンマンの会場がmorph-tokyo。この思い入れがある場所に、成長した現在の自分たちの姿を全力でぶつけていきたいので最初から最後まですべてが見どころあるライブになると思います。WAVEにとっても次のステップに繋がるようなライブにしていきたいです。今回は2nd, 3rdの同時リリースということもあって、曲によってファンの方が笑顔になったり涙したり気持ちの変化を限られた時間で最大限に魅せていけたらいいなと思います」──MASA

「2015年2月にはじめてWAVEのワンマンライブをしてから3年が経ち、また同じ場所でワンマンライブが決まって、僕らの成長や新しい WAVEを目に焼き付けてもらえたら嬉しいです。メンバーMASAの誕生日、ダブルリリースたくさんの方と一緒にお祝いしたいです。最高の一日をみんなで過ごしましょう」──YASU

「見どころは、すべてです。2017年5月にメジャーリリースワンマンを行なってから、さらに進化した僕らを最初から最後まで目の前で見てほしいです。関わっている方々、そして応援してくれる皆さんに目の前で見てもらうことで、初めて進化できます。ダブルリリースはもちろん、サブタイトルでもあるメンバーMASAの生誕も含め、最高の一日を皆さんの目に焼き付けます」──SEN

2月14日は、morph-tokyoでWAVEと共に、笑って泣いて、叫んで飛び跳ねて、気持ちを解き放して、最高のバレンタインデーを過ごしていただきたい。

寄稿:伊藤緑:http://www.midoriito.jp/

「願い/冬の風」

2018年2月14日発売
QAIR-10106 926円+税

「Into the WAVE/GROW UP」

2018年2月14日発売
QAIR-10107 926円+税

<『願い/冬の風』『Into the WAVE/GROW UP』SINGLE DOUBLE RELEASE ONE-MAN PARTY!!-MASA'sBIRTHDAY->

2018年2月14日
@六本木morph tokyo
18:00 OPEN/19:00 START
TICKET:前売り¥3,500/当日¥4,000 (D別)
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002246533P0030001
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報