【対談】FEST VAINQUEUR×青山英樹、同世代サウンドを語る「対バン当時の記憶が蘇った」

ツイート

■爆音が聴こえて“やばいぞ”と
■音のバランスもすごくキレイ

──なるほど。では、ギターでこだわったところは?

GAKU:PABLOさんは開放弦をうまく使ったコードやフレーズを提案してくるんですよ。僕も開放弦を多用するコードフォームがすごく好きなのでイントロからさっそく使っているんですけど、そういう意味でも感性が似てるなと思いました。レコーディングしている時は常にPABLOさんが横にいたんですけど、リズム面では今まで自分でOKにしていたテイクもバンバンNGを食らったんです(笑)。自分は無意識に強弱をつけてバッキングする癖があるんですけど、「このセクションは機械のごとく弾いて」ってガチガチにドラムとベースに合わせたり、修行になりました。何度も「もっと無慈悲に弾いて」って(笑)。

I’LL:僕は自分たちらしさを残しつつ、削ぎ落とせるところは削ぎ落としてシンプルなプレイを心がけました。速いフレーズもゴテゴテしないように。

──シンプルにして曲の勢いを出すというか。

I’LL:そうですね。

▲HAL(Vo)

──という、ギターアレンジがあった上で、ドラムプレイに関して青山さんにリクエストしたことは?

HIRO:自由に叩いてほしいというのがいちばんですね。なので、細かいフレーズは決めこまずに「こんな感じで」ってビートがわかるぐらいのデモをお渡しした感じです。

青山:デモの段階でイメージできたし、僕はそんなに決めこんで叩くタイプではないから、レコーディングしながら固めていく感じでした。PABLOさんは僕が思っていた以上に「もっとガンガンやっちゃって」って感じだったので「これでいいのかな」って思うぐらい、好きに爆音で叩いたんです。

4人:ははは。

青山:だからある意味、外国人のノリですよね。キッチリ細かくというより「このセクションは派手に」みたいな。勢いがある曲なのでテイクを重ねていくとかえってかしこまってしまう。基本、最初の1〜2テイクを使って、あとはPABLOさんとフレーズやキメを考えていく作業でした。個人的に「SHADOW」のAメロが大好きなんですよ。最初はHALさんのシャウトからAメロに行くので落としたほうがいいのかなと思っていたんですけど、PABLOさんに「Aメロもシンバルでガンガンかきまわしちゃって」って言われてイントロからそのままの勢いでいってるところが好きなポイントです。「こういうのもアリなんだ」って勉強になりました。

HAL:洋楽のメタルのイメージですよね(笑)。

▲GAKU(G)

──青山さんのドラミングはどうでしたか?

HIRO:青山さんのドラムセットを生で見られたのにはちょっと感動しました。みなさんセットにそれぞれ個性が出るんですけど、シンバルの位置やラックの形だったり、青山さんのベストポジションに組まれているのを見て単純にカッコいいなって。叩いていただいてさらに曲に勢いが出て、PABLOさんも僕たちも「もっともっと」ってリクエストを出させてもらったり。短時間だったけれど、じっくり取り組めましたね。

GAKU:レコーディングの順番としてはドラム録りから始まったんですけど、勝手に僕が青山さんに抱いていたイメージがあって、メタルのドラマーの方ってガチガチにクリックに合わせるのかなって思ってたんですよ。ジャストなリズムこそ正義みたいな(笑)。

I’LL:無慈悲な?(笑)。

GAKU:そう(笑)。1980年代のメタルはリズムの揺れがまたカッコ良かったりするんですけど、ギターリフとユニゾンする最近のキメキメのメタルには揺らぎを感じたことはなかったんです。でも、実際に聴いたらエモーショナルなドラムで。“多少揺らいでもカッコよければそれで良し”っていうスタイルなのかなと思ったんですけど、どうなんですか?

青山:キッチリ叩きたいっていうドラマーもいますけど、個人的にはドワーッと勢いでいっちゃうほうが好きですね。レコーディング中もそんなにクリックを大きくして聴かないし、みんなと合ってればグルーヴが出るって考えるほうで。

GAKU:僕が好きなギタリストもカッチリした人じゃないんですよ。ミストーンすらもカッコいいみたいな。だから、パートは違えど親近感を感じました。

I’LL:青山さんがドラムを叩いている部屋の扉が少し開いたら「ズドズドド」って爆音が聴こえてきて「これはやばいぞ」と(笑)。あと音のバランスがすごくキレイだなという印象を持ちました。

青山:いやー、こんなに褒められると思わなかったので、今、動揺してます(笑)。

HAL:歌は最後に録ったんですけど、青山さんのパワフルなドラムに乗っかったギターのバッキングとか、プロセスを積み重ねた録りたてホヤホヤの演奏を聴いて歌えたので、ボーカルにも自然と勢いが出て。僕もノリ一発じゃないけど、最初のテンション感を大事にしました。以前のドラマーも「青山さんは見せ方もプレイも上手い」ってずっと言っていたんですけど、何よりドラマーとして華があるし、今まで参加された音源も聴いていて好きだったので、今回、一緒にできて本当に嬉しかったですね。

◆対談(3)へ
◆対談(1)へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報