エド・シーラン「体重のこと気にするのやめた」

twitterツイート

エド・シーランは、友人のジャスティン・ビーバーやワン・ダイレクションのメンバーに刺激され、外見を気にするようになり、厳しいダイエットに取り組んだこともあったが、もうそんなことはどうでもよくなったそうだ。

◆エド・シーラン画像

ジョージ・エズラの新ポッドキャスト『George Ezra & Friends』(iTunesでダウンロード可能)に出演したシーランはこう話した。「彼らはホントにフォトジェニックで、シックスパックで…、僕はこれでいいのかって思ったよ。でも、僕は太ってるかどうかなんて気にするべきなのか? 僕の外見をもとに僕のレコードを買ってる人なんていない」

「シンガーになる前、(外見のことは)気にしてなかった。ビール腹だろうがジンジャー・ヘアだろうが、洗ってなくても、ダサい服着てようが、どうでもよかった。でも、世間の目にさらされるようになるとすぐ、人々は君のあら探しを始める。そうなると、自分の悪いところを考え始めるんだ。“僕って太ってるのか?”とかさ。でも、ものすごく太ってたとしても、僕はそれを気にすべきなのか?」



彼は現在、無理があると悟った食事制限は止め、食べたいものを食べ、エクササイズをする健康法を取り入れているそうだ。

シーランはまた、友人エズラとの会話の中で、次のアルバムはポップ・アルバムにはならないと話した。



Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報