【ライブレポート】ラストアイドル、ファミリー集結のバレンタイン公演盛況。突然のSPバトルも

twitterツイート

秋元康が総合プロデュースを手掛けるアイドルオーディション番組『ラストアイドル』から生まれた5組のアイドル(ラストアイドル、Good Tears、シュークリームロケッツ、Someday Somewhere、Love Cocchi)らによる“ラストアイドルファミリー”のファーストコンサートが、2月14日にZepp Tokyoにて開催された。

◆ラストアイドルファミリー(ラストアイドル、Good Tears、シュークリームロケッツ、Someday Somewhere、Love Cocchi)ライブ写真

番組が2018年1月からセカンドシーズンに突入し、それぞれに別々の有名音楽プロデューサーを迎えた5組のアイドル。ファーストシーズンを勝ち残った7人による「ラストアイドル」には小室哲哉が、セカンドユニット4組のうち「Good Tears」には織田哲郎、「Someday Somewhere」には指原莉乃、「Love Cocchi」にはつんく♂、「シュークリームロケッツ」には秋元康がプロデューサーとして就任した。

バレンタインデーの開催となったこの日、Zepp Tokyoにはデビューしたばかりのアイドルのコンサートとしては異例ともいえる数のファンが駆けつけ、フロアー最後部まで埋め尽くしての開演となった。加熱する番組人気を肌で感じさせるのと同時に、彼女たちがアイドルとして幸運なスタートダッシュを飾れたコンサートといえるだろう。

▲ラストアイドル

▲Good Tears

▲シュークリームロケッツ

コンサートはラストアイドルのデビュー曲「バンドワゴン」からスタート。緊張と喜びをたたえながらも、メンバーの結束が固まっていく様子が振り付けからも表現される。センターを飾る阿部菜々実が「盛り上がっていきましょう!」と声を上げ、そのままノンストップでデビューシングルに収録されたセカンドユニットたちの楽曲へと繋がっていった。情熱的なメロとクールな歌詞が印象的な「涙の仮面」(Good Tears)、甘さと可愛らしさを突き詰めた「想像上のフルーツ」(シュークリームロケッツ)、爽やかさとメンバー一人一人の歌唱力が際立つ「Again & Again」(Someday Somewhere)、カラフルで垢抜けたパフォーマンスが目を引く「失恋乾杯」(Love Cocchi)と、各グループの個性は明確だ。観客達もペンライトの色を次々と変え、一面のグループカラーの光でアイドル達を迎える光景には胸が熱くなった。

さらに、ラストアイドルファミリー全員で「バレンタインキッス(渡り廊下ver.)」が披露されたシーンではメンバー全員が観客席にカラーボールを投げこむサプライズも。2F両脇の通路にGood TearsとSomeday Somewhereが、メインステージに残り3組が並び、前からも上からもボールが飛んでくる状況に観客も色めき立つ。

その後、コンサートはラストアイドルの7人がそれぞれ番組でも披露した思い出の楽曲をソロで披露するブロックへ。中には他のメンバーがバックダンサーとしてパフォーマンスを盛り上げた楽曲もあったが、やはり番組発アイドルのコンサートがそのままで進むはずもなく、ソロブロック直後のMCでは突然のスペシャルバトルが開幕した。

勝負の内容は今披露したばかりのソロパフォーマンスから、最も良いパフォーマンスをしたメンバーに素敵なプレゼントが贈られるというもの。番組でもおなじみ「天の声」のアナウンスにより紹介された今回の審査員は大森靖子、日笠麗奈、ピエール中野、そして吉田豪の4名。ここから吉田豪が指名され、吉田にしばしばネタにされている(わりに選ばれたことがない)メンバーの長月翠が今にも何か言いたげな表情を浮かべていたものの、吉田は今回の勝者として長月を指名。「初めて呼んでもらえた!」と大喜びを見せた長月には、プレゼントとして「FLASHスペシャルでのソログラビア決定」が贈られた。

▲Someday Somewhere

▲Love Cocchi

後半戦ではラストアイドルファミリーのメンバーが兼任するアイドルグループが一挙に出演するブロックを経て、各グループが自身のセカンドシングル候補曲(Good Tears「スリル」、シュークリームロケッツ「君のAchoo!」、Someday Somewhere「この恋はトランジット」、Love Cocchi「青春シンフォニー」、ラストアイドル「風よ吹け!」)の後にプロデューサー陣の有名曲カバーを披露。本編ラストにはラストアイドルのセカンドシングル発売日が4月18日にリリースされることも発表となった。シングルの表題曲については、今後の番組『ラストアイドル』の中で各グループの楽曲の中から決定していく。

アンコールには1stシングル収録曲より、全グループが参加した「ラスアイ、よろしく」を25人で披露。全31曲という凝縮されたファーストコンサートの締めを飾った。終演後にはメンバー達によるお見送りに加え、手書きメッセージが添えられたチョコレートが観客ひとりひとりに配られるなど、バレンタインデーの思い出としても最後まで至れり尽くせりなイベントとなった。

4月18日にリリースされるセカンドシングルは、初回限定盤TYPE-A~DとWEB盤の全5形態。表題曲となる勝利ユニットの楽曲に加え共通カップリング曲、および初回限定盤では各形態ごとに異なる敗退ユニットの楽曲をカップリング収録する。WEB盤に関しては5月20日(日) 関東、6月3日(日) 関西にてイベントも開催予定となっている。

写真/(c)ラストアイドル製作委員会


2nd Single「タイトル未定」

2018年4月18日(水)発売
・初回限定盤TYPE-A【CD+DVD】 TYCT-39072 1,667円(税抜) 1,800円(税込)
・初回限定盤TYPE-B【CD+DVD】 TYCT-39073 1,667円(税抜) 1,800円(税込)
・初回限定盤TYPE-C【CD+DVD】 TYCT-39074 1,667円(税抜) 1,800円(税込)
・初回限定盤TYPE-D【CD+DVD】 TYCT-39075 1,667円(税抜) 1,800円(税込)

CD収録内容
1, 勝利ユニット曲 2, 共通カップリング曲 3, 敗退ユニット曲(タイプ別・TYPE A,B,C,Dそれぞれに異なる楽曲を収録) 
4~6, off vocal ver.

DVD収録内容
勝利ユニット曲 ミュージック・ビデオ、敗退ユニット曲ミュージック・ビデオ
(タイプ別・TYPE A,B,C,Dそれぞれに異なる楽曲を収録)

・WEB盤(CD)PROV-5021 926円(税抜) 1,000円(税込)
CD収録内容
1, 勝利ユニット曲 2, 共通カップリング曲

■セカンドシングル『タイトル未定』のWEB盤 イベント開催が決定
5月20日(日) 関東 某所
6月3日(日) 関西 某所
※予約受付やイベント内容の詳細は後日、追って発表

■テレ朝チャンネル1『ラストアイドルファミリーコンサート(仮)』

3月24日 午後5:00-よる7:00放送
【放送内容】2月14日にZepp Tokyoで行われた<ラストアイドルファミリーファーストコンサート>の模様を放送します。
【チャンネル】テレ朝チャンネル1
※スカパー!(ch.298)、プレミアムサービス(ch.611)、ひかりTV(Ch.556 )、au ひかりテレビサービス(Ch755)、J:COM(Ch.755)またはケーブルテレビでご覧いただけます。
→視聴方法 http://www.tv-asahi.co.jp/ch/method
【チャンネル公式web】http://www.tv-asahi.co.jp/ch/

twitterこの記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報