Febb As Young Mason、逝去

twitterツイート
▲『So Sophisticated』ジャケット(画像はオフィシャルInstagramより)

Febb As Young Masonが、2月15日夕方、事故のため逝去した。24歳だった。16日、レーベルの公式SNSで訃報が伝えられた。

◆『So Sophisticated』画像

1994年生まれのFebbは、10代よりDJ/トラックメイカーとして活動し、2011年に初のフィジカル作品となったリミックス集『3000』をリリース。同時期の「FLIPPED SHIT」に収められた初のラップも話題を呼ぶ中で、Fla$hBackSやCracks Brothersといったユニットでの活動も本格化させていった。

Fla$hBackSとして2013年にリリースした『FL$8KS』に続いて、2014年にはファースト・ソロアルバム『The Season』を発表。そのスキルとセンスはシーン内外で高い評価を得、近年ではISSUGI、仙人掌、KEIJU as YOUNG JUJUらとのコラボレーションや、DOGGIES、DMFでの活動も注目を集めた。

2017年には自身初のビートアルバム『BEATS & SUPPLY』とセカンド・ソロアルバム『So Sophisticated』、GRADIS NICEとのジョイントアルバム『L.O.C -Talkin’ About Money-』を続けてリリースするなど旺盛な活動を展開し、今後のさらなる活躍が期待されていた。





twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報