【ライブレポート】新山詩織、5周年記念ツアー最終日「私は私を変えていきたい」

ツイート

新山詩織が2月12日、マイナビBLITZ赤坂にてデビュー5周年記念<ライブツアー2018「しおりごと-BEST-」>の東京公演を開催した。同公演は1月に発表した初のベストアルバム『しおりごと-BEST-』を引っ提げて東名阪の規模で行われたもの。マイナビBLITZ赤坂公演はそのファイナルとなる。

◆新山詩織 画像

「私はあの頃も今も自分の気持ちには嘘をつけないんだなと。そんな頑固で生意気なとっても扱いにくい面倒な私でも、優しく、時に厳しく、たっぷりの愛情を注いでここまで連れてきてくれた家族、友人、スタッフさん、メンバー、そして遠くのあなた、目の前のあなた……受け入れてくれる人たちが居たから、一人じゃないって気付けたから、私は私を変えていきたいと思いました。そして精一杯、人を好きになること、信じることを教えてもらいました」──新山詩織

これはアンコールで読み上げられた新山詩織からの手紙の一節だ。2017年12月12日にアーティストデビュー5周年、2018年4月にメジャーデビュー5周年を迎える新山詩織が、その軌跡を辿りながら、成長と深化を提示するという明確なコンセプトと、その傍らに携えた様々な人への感謝の思い、未来への希望を感じさせるステージだった。


5周年記念という特別なライブゆえの多幸感に満ちたBLITZ。開演の時が訪れ、場内がゆっくりと暗転した。ステージ中央に降りてきたスクリーンには、5年を振り返る映像と共に、「あっという間だったけど、1年1年がたっぷりいろんなことがあったので、それを思うとゆったり進んでいたようにも感じられる」といった現在の率直な心境を語る新山のインタビューボイスが映し出された。

バンドメンバーに続いて姿を現した新山は、オーディエンスからの大きな歓声を浴び、それに応えるかのように深々と一礼。愛用のテレキャスターを肩に掛けて、凛とした表情を客席に向けると、メジャーデビューシングル「ゆれるユレル」で華々しくステージの幕を開けた。続いて、美麗な音色を響かせたピアノソロから、新山がアコギのボディーをコツコツコツと叩いた3カウントを合図に始まった「Don’t Cry」、高校生だった彼女の人間的な成長が当時感じられた「ひとりごと」と、訴求力の高い楽曲が披露されていく。3曲目が終わったところで、この日、初のMCへ。

「ツアーファイナルにようこそ! 今日は今のありのままの私の声で、ベストアルバムの1曲1曲を大事に届けていたらいいなと思っています。こうやって皆さんと同じ場所にいられることを心から感謝して、次の曲を歌いたいと思います」──新山詩織

そう語って届けられたのは「今 ここにいる」。同曲は、新山と同世代のアスリートであり、奇しくもこのライブと同日に行われた平昌五輪スキージャンプで悲願の銅メダルを獲得した高梨沙羅選手に触発されて綴った歌詞が印象的。リリース当初新山は、「あと少しで高校卒業というところで、これから前に向かって進んで行かなきゃという自分の思いも、自然と投影された内容になっていると思う。いろいろな場面や状況で頑張る人の支えになる曲になって欲しい」と語っていたのが思い出される。そして次の「絶対」では、サビのフレーズをアカペラで歌い始めるライブアレンジバージョンで披露。歌詞がくっきりと浮かび上がるエモーショナルなボーカルが会場を包み込んだ。

中盤はバンドメンバーとの会話を交えつつ、特別編成で届けるコーナーへ。まずはキーボードの山本健太の伴奏に乗せてミディアムチューン「ありがとう」。MCでは、「『ファインダーの向こう』ツアーの時も猛吹雪だったし、今回もリハの初日が大雪の次の日で。誰なんだろう、雨男、雪女は?」と言う山本に、「私は自称晴れ女をずっと言い続けてきたんですけど、確か私が生まれたのが大雪の日だったと両親に聞いたことを、ふと思い出しました」と返す新山。「埼玉出身で、その確率はアウトでしょ!」という山本の突っ込みに場内が大きな笑いに包まれた。

特別編成コーナーの2番手は、ギターの金子健太郎と新山のアコギ2本によって「アコースティック編成で届けるのは初めて」と語った「隣の行方」だ。青春の情景を呼び起こす、ほろ苦くて甘酸っぱいナンバーに手拍子が自然と折り重なる。金子が、「どの会場のお客様も温かくて、こちらも楽しくなるような雰囲気を作ってくれる」と感謝を述べると、客席からも「ありがとう!」の声が返ってきた。ラストはドラムの橋谷田真、ベースの柳原旭のリズム隊2人と新山のエレキギターという初のトリオ編成で「もう、行かなくちゃ。」。デビュー当初からの付き合いとなる橋谷田と柳原は、「なんとも感慨深い」と懐かしそうに当時を振り返った。

バンドメンバーとの和やかなコーナーの後、ステージには再びスクリーンが登場した。ライブリハ風景の映像に乗せて、「バンドは特別楽しい感じがあります」と、ライブやバンドに対する思いを語る新山のインタビュー映像が映し出された。


前半の革ジャンに赤いパンツルックというロックテイストな衣装から、黒のブラウスに赤と紺のストライプがキュートなロングスカートというガーリーな衣装にチェンジした新山。「再びメンバーも全員揃いました。ここから盛り上がっていきたいと思うんですけど、行けますか? 行けるか? もっともっと行けるか?」というエネルギッシュな煽りに、オーディエンスの歓喜はさらに熱を帯びていく。そしてKANの名曲「愛は勝つ」のカバー、さらに「あたしはあたしのままで」へと、気高い歌声で独自のライブ空間が作り上げられていった。「あたしはあたしのままで」のエンディング、“♪この先にある未来を信じて”のフレーズは、ひと際心を強く突き動かすパワーを宿していたようだ。

楽曲が終わるたびに降り注ぐ熱い拍手と声援。穏やかな笑顔を浮かべ、「次の曲で私のことを知ってくださった方もたくさんいるんじゃないかなと思います」と告げた「恋の中」。自身初のドラマ出演も果たし、主演の福山雅治がプロデュースした特別な一曲だ。憂いと切なさを秘めた唯一無二の歌声は、続く中島みゆきの名曲「糸」のカバーでも感動を生んだ。そしてこの季節にもぴったりな「Snow Smile」を豊潤な歌声で届けた後、ついにエピローグへ。「毎回ライブをやるたびに、あっという間に時間は過ぎるもので、最後の曲になりました」という新山の言葉に「え〜〜!」と一斉に悲鳴を上げるオーディエンス。すると、「駄々こねないで(笑)」と優しくなだめるなど、そんなさりげなくも濃密なやり取りから、彼女の成長を感じずにはいられなかった。

「最後の曲はベストの中でも一番新しい曲です。未来がどんな形になるかは分からないけど、誰かを思う気持ちはとっても尊いもので、とても温かく優しい大事な気持ちだと思います。最後にそんな思いを込めて、皆さんに向けて大切に届けられたらと思います」──新山詩織

そうして、自らの歌声を今この瞬間に、そして大切な人たちの胸に刻むように届けられた「さよなら私の恋心」で本編はフィナーレを迎えた。熱烈な“しおりコール”に包まれた場内に、三たびスクリーンが降り、新山のインタビュー映像が現れた。「私にとって音楽は彼氏のような存在でした」と心情を吐露する彼女の姿からは、10代から20代へ、学生から社会人へ、子供から大人へ。多感なこの5年間を、音楽と共に生き、真摯に向き合ってきたことが窺えた。


ツアーTシャツに着替え、1人アンコールのステージに戻ってきた新山は静かにアコギを手にし、そしてデビューの夢を掴んだオーディションで歌った初オリジナル曲「だからさ」と、椎名林檎のカバー「丸の内サディスティック」を渾身のアクト。客席から惜しみない拍手が贈られた。そして、最後はバンドメンバーを再びステージに呼び寄せ、「ラストもっと行けるのか!」と激しく凛々しくアジテーション。ゴキゲンなロックンロールナンバー「Everybody say yeah」でこの日一番の盛り上がりを見せ、祝祭感満載の5周年記念ツアーファイナルステージは大団円を迎えた。

この日のステージで際立っていたのは、計算など一切ないありのままの彼女から放たれる“歌声”と“人柄”だった。この純真さを武器に、新山詩織はこれからさらにキャリアを重ねていく。

■デビュー5周年記念<ライブツアー2018「しおりごと-BEST-」>2月12日@マイナビBLITZ赤坂SETLIST

01.ゆれるユレル
02.Don’t Cry
03.ひとりごと
04.今 ここにいる
05.絶対
06.ありがとう
07.隣の行方
08.もう、行かなくちゃ。
09.愛は勝つ(KANカバー)
10.あたしはあたしのままで
11.恋の中
12.糸(中島みゆきカバー)
13.Snow Smile
14.さよなら私の恋心
encore
en1.だからさ
en2.丸の内サディスティック(椎名林檎カバー)
en3.Everybody say yeah

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス