キュウソネコカミ、DISH//、TOTALFATら競演、大阪で2度目の<徳福ライブ>閉幕

twitterツイート

スペースシャワーTVにて放送中の番組『チュートリアルの徳ダネ福キタル♪』から生まれたライブイベント<スペースシャワーTV「チュートリアルの徳ダネ福キタル♪SPECIAL LIVE vol.6」>が、2月17日(土)、大阪・なんばHatchにて開催された。

◆<チュートリアルの徳ダネ福キタル♪SPECIAL LIVE>画像

大阪で2度目の開催となる今回は、キュウソネコカミ、DISH//、TOTALFAT、鶯谷フィルハーモニーの4組が出演。ステージ転換時には出演者が写真をもとにMCのチュートリアルらとのトークを繰り広げ、ライブ本編ではこの日限りのコラボレーションも披露されるなど、サプライズ満載の一夜となった。以下、同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

  ◆  ◆  ◆

音楽専門チャンネル「スペースシャワーTV」で放送中のレギュラー番組『チュートリアルの徳ダネ福キタル♪』から生まれたライブイベントが、大阪・なんばHatchで2月17日(土)に開催された。番組同様、チュートリアルと青文字系モデルとして人気を博す菅沼ゆりがMCを務め、TOTALFAT、DISH//、キュウソネコカミ、そしてチュートリアルの徳井義実がプライベートで活動を続けるバンド・鶯谷フィルハーモニーが出演。開場から開演までの間は、各出演者が番組に登場した回の映像がスクリーンの幕に流された。


開演時間となり、チュートリアルと菅沼が登場、元気よく挨拶を。そして、一番手のTOTALFATへ。まさかの吉本新喜劇のBGMが流れて、メンバー登場。遅れて現れたJose(Vo,G)が、番組にゲスト出演した際にチュートリアル徳井から伝授されたという、末成由美の必殺ギャグ「ごめんやしておくれやしてごめんやっしゃ!」を繰り出す愉快な展開に! そこから「パーティーが始まるぞー!」の掛け声一発で、1曲目「PARTY PARTY」へ。初っ端より、想像もしなかった吉本新喜劇と絶対に盛り上がるパーティーチューンを組み合わせてきたことで、この日への意気込みが凄く伝わってきた。福田と菅沼もステージに現れ、タオルを振り回して盛り上げまくる。とにかく「夏のトカゲ」、「晴天」と、盛り上がり必死なナンバーを連発していく。みんなと笑顔で繋がる事を徹底的にテーマにしてるだけあって、ラストナンバー「Place to Try」までブッ飛ばしてくれた。


二番手は鶯谷フィルハーモニー。ボーカルは徳井、ギターは俳優の柏原収史、そしてプロのミュージシャンたちがメンバーを務める豪華なバンド。最初に徳井から「男の人が昔の恋を想い出して、ちょっとチン●触る曲を歌います」と宣言したとおり、1曲目「夜ははじまる」から、ただひたすら「セフレが欲しい」と歌われる。ピアノやヴァイオリンまで入った壮大なバラードという曲調とのギャップが凄い……。続く「夏月」でもバックの映像は海と花火と最高に美しいにも関わらず、歌詞は「ちょっとチン●触る」……。ヴァイオリニストの女性が徳井の下ネタに嫌気がさして失踪する小芝居を挟んで、その名も「化ケモノ」を。ラストナンバー「金銭的支援関係」では謎のお金持ち女性について歌われ、歌詞で「パトロン」が連発される。いつも通り、楽曲と歌詞のアンバランスさの凄みで笑わしてくれた!


三番手はDISH//。場内は、サイリウムを持ったファンで埋め尽くされる。泉大智(Dr)の早いカウントから1曲目「FLAME」を。そして、OKAMOTO'Sのオカモトショウが作詞作曲を手掛け、ドラマ主題歌にもなった「僕たちがやりました」へ。3曲目「JUMPer」では北村匠海(Vo,G)がハンドマイクで歌い上げ、橘柊生(Flying Dish,RAP,DJ,Key)も歌っていく。続く、「I Can Hear」ではダンスロックバンドと謳うだけあり、演奏した状態の北村、矢部昌暉(Cho,G)、小林龍二(RAP,B)と橘がステージ中央で華麗に踊る。ラストナンバーは、女装した徳井も登場するコントを交えた「Sa-Ra-Band ~俺たち皿バンド~」を。終始、歓声が飛び交う中、最後は特製FLYING DISHを客席に飛ばして、ステージを去っていった。



大トリとなるキュウソネコカミは、1曲目「MEGA SHAKE IT!」でスタート。前へ詰め寄る観客を気遣いながら、DISH//ファンのサイリウムへ対抗して(!?)、ヤマサキセイヤ(Vo,G)がライトセーバーで煽っていく。続く、「ファントムヴァイブレーション」ではヨコタシンノスケ(Key,Vo)の印象的なシンセフレーズが聴こえただけで、大盛り上がりに。タマホームのCMソングになった、ただただ「家!」を連呼するナンバーでは、ヤマサキが「僕ら、あんま『徳福』出てないのでコラボがないので、ここに来てから作りました!」とチュートリアルを呼び込む。徳井は「気持ち良い曲!」と絶賛して、福田は「イエーイ!!」と普段よりもテンションをあげまくる。続く、「DQNなりたい、40代で死にたい」では、ヤマサキが特製筋斗雲で客席へ。オリンピックで金メダルを獲得した羽生結弦を彷彿とさせる愉快なシーンも! 最後は「ビビった」で〆られ、チュートリアルと菅沼らもステージに登場して、3時間半にも及ぶライブは幕を閉じた。




文◎鈴木淳史
撮影◎渡邉一生

  ◆  ◆  ◆

なお、このライブの模様は、3月30日(金)22時よりスペースシャワーTVにて放送されることが決定している。

■イベント情報

<スペースシャワーTV「チュートリアルの徳ダネ福キタル♪SPECIAL LIVE vol.6」>
2018年2月17日(土) 大阪・なんばHatch
MC:チュートリアル、菅沼ゆり
LIVE ACT:鶯谷フィルハーモニー、キュウソネコカミ、DISH//、TOTALFAT
オフィシャルサイト: http://www.spaceshowertv.com/tokufukulive/

■番組情報

スペースシャワーTV『チュートリアルの徳ダネ福キタル♪SPECIAL LIVE vol.6』
初回放送:2018年3月30日(金)22:00~23:00(リピート放送:4月予定)
(視聴方法: http://www.spaceshowertv.com/about/howto/ )

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報