【インタビュー】PassCode、再構築AL『Locus』完成「ライブでいつもやっている事をそのまま閉じ込めた」

twitterツイート

PassCodeとは何者なのか? という問いを再考するタイミングに来ている。大阪出身の女性4人組グループ、ライブでのシャウトやスクリームを惜しまず、ラウドロックを中心にしたボーダレスな楽曲群で音楽シーンを駆け上がってきた彼女たち。結成時こそアイドル色が強かったが、現在の彼女たちはそんなアイドルやロックグループといった既成概念の括りをみずから進んで破りに行っているように見える。

◆PassCode 画像

そんな彼女たちの軌跡をインディーズ時代の名曲群から振り返り、現在の姿へと再構築するニューアルバム『Locus』が2月28日にリリースされる。収録曲の再レコーディングを終え、「ここまでやってきた事全部を合わせた」と語る彼女たちに話を訊いた。

■昔から現状には常に満足できないというか、ずっと足りていない感じがしているんですよ。(南)

──今のPassCodeに結成時のメンバーはいませんが、2013年2月スタートのグループなので、ニューアルバム『Locus』発売タイミングが5周年になります。

南 菜生(以下、南):そうか、5年もグループあんのや。

高嶋 楓(以下、高嶋):この4人での体制になってからの事しか全然頭にないから。

今田 夢菜(以下、今田):ビックリだね。

──南さんは結成年の7月加入なので今年で5年目ですよ。

南:わー、ベテランですね(笑)。

──正直ここまで続くグループだと思っていました?

南:入った時が、既に人数が足りないので入ってくれないと続かないって時だったので、思っていなかったです。

──続いている理由は何だと思います?

南:運がよかったからですかね。周りに集まってくれた人がPassCodeに対して熱意のある方たちばかりなので、そういうありがたい環境でやらせてもらっている事が理由なのかな。

──メンバーの脱退やジャンルの壁など色々な困難を乗り越えてきたグループですが、今のPassCodeはチームとして凄く良い状態にあるように外からは見えるんですけど。

南:昔から現状には常に満足できないというか、ずっと足りていない感じがしているんですよ。もっとやらなきゃ、もっと頑張らなきゃって。

──でも前よりはやりたかった事ができる環境になってきていますよね。

南:確かに。段々PassCodeとしてやるべき事が見えてきたっていうか、こういう風にしていけばいいのかっていうのはわかってきた気はします。

今田:恵まれた環境にはいるけど、まだまだ未完成だからもっともっと行けるんじゃないかなとはいつも思っていますね。


▲『Locus』

──今作『Locus』はインディーズ時代の曲を録り直したアルバムですが、以前レコーディングした時は大分違う環境で録っていたと聞きましたけど。

南:サウンドプロデューサーの平地さんの部屋で、マイク前に毛布を置いて防音したりして録っていたんですけど、ボーカル入れをしているとトイレを流す音とかが聞こえてくるんですよ(笑)。だから今の環境で録らせてもらった今回は、同じ曲でも全然違いますね。サウンドも全部バンドの生オケになったし、アレンジも全部変えてもらっていて、前よりカッコよくなっていると思います。

──『Locus』は日本語だと軌跡という意味だし、ライブで人気のある曲が収録されている作品ということで、現時点でのベスト盤的な意味合いもあったりするのかな?とも思ったのですが。

南:メンバー的にはそういう意識はないですね。これを作れて良かったなという思いはありますけど、これで一区切りみたいな感覚はないし、先を踏み出すための今年の一枚としかとらえていないです。今は前作『ZENITH』のツアーが終わった所で、ライブでも『ZENITH』の中の曲をやる事が増えたから、今やっている事と前やっていた事の距離を埋めるというか、ここまでやってきた事全部を合わせたらこうなりましたっていうものを出した感じのアルバムですね。

──収録曲に関してはどんな基準で選んだのですか?

南:平地さんがいいと思った曲を選んでくれたんですけど、それに関しては自分たちとあまりズレはなかったです。メンバーも直したいなと思っていた、ライブでよくやる曲が入っていたので。意外だったのは「Now I Know」を録り直したって事ですね。この曲だけアレンジもガラッと大きく変わっていたし。

今田:「Now I Know」は、ライブでやると結構違うなって毎回感じていた曲なんです。

──それはどういう所が?

今田:お客さんのノリが全然ノレていないというか、巻き込めない感じがいつもあって。それでライブでは段々やらなくなっていった曲なんですよ。でも新しくなったらめっちゃ良くなりました。

──僕は「Now I Know」が曲順の真ん中にあるのが凄くいいなと思ったんですけど。

南:うん。凄くいいですよね、好きです。メンバーで聴いた時も、流れがいいってみんな話していたんですよ。この曲は前よりもメッセージ性が強くなった気がして、サビで明るくなる所とかあえてそうした事で重さが出たというか、そこがいいなって思いました。

──曲順はどうやって決めたんですか?

南:それも平地さんです。ライブのセットリストはメンバーが決める事が多いんですけど、アルバムとか平地さんが作ったものは平地さんが決めるのがベストだと思っているので。1曲目が「Toxic」なのとかは、『ALL is VANITY』(1stアルバム)の1曲目が「Toxic」だから、そういう所で平地さんらしいこだわりを感じましたね。軌跡ってタイトルにあるように、今まで辿ってきた道が「Toxic」で始まる事でわかりやすくなっているアルバムだなって思いました。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報