【インタビュー】BiS、真逆のテーマを持った両A面シングルで新生BiSがスタート

twitterツイート

■「DiPROMiSE」の歌詞をもらって読んだ瞬間、涙がとまらなかった
■メンバーだからこそ分かるプーちゃんへの想いが潜んでいるようで


――もう1曲の「DiPROMiSE」について話しましょう。

ペリ・ウブ:「DiPROMiSE」は“卒業”がテーマなので、根っこが「WHOLE LOTTA LOVE」とは真逆という感じの曲です。「WHOLE LOTTA LOVE」は始まりだけど、「DiPROMiSE」はコンマみたいな……いやコンマじゃないや。

一同:ピリオドでしょう、ピリオド(笑)。

パン・ルナリーフィ:コンマだと、続いちゃうから(笑)。

ペリ・ウブ:そう、ピリオド、ピリオド!(笑) 日本語は難しいですね。

アヤ・エイトプリンス:いや、日本語じゃないし(笑)。

ペリ・ウブ:そうか(笑)。「DiPROMiSE」も「WHOLE LOTTA LOVE」と同じように激しい曲だけど、翳りを帯びていて、痛みを感じさせるし、雨が降っている情景とかが浮かんでくるような曲です。歌詞も別れを描いていて、でも私達BiSは進んでいかないといけない…というところがあって、レコーディングする時は強い気持ちで歌いました。

ゴ・ジーラ:私は、この曲を聴いた時に、すごく淋しさを感じました。プー・ルイの卒業楽曲なので、その後のBiSのことをいろいろ考えましたね。歌は、歌詞を見ながら曲を聴いて、どういう風に歌えば良いかなと考えてレコーディングに臨んだんですけど、歌中からサビに向かってスピードが上がっていく構成になっていて。歌っていると、それに合わせて私の気持ちもどんどん上がっていって、サビは本当に“ああーっ!”という気持ちのまま歌いました。この曲は、レコーディングしながら泣きそうになりましたね。


▲「WHOLE LOTTA LOVE / DiPROMiSE」初回生産限定盤


▲「WHOLE LOTTA LOVE / DiPROMiSE」通常盤

パン・ルナリーフィ:「DiPROMiSE」は、サビまでのAメロとかはすごく冷めているというか、心を失ったような虚無的な人間で、サビになって心をなくしていた理由を全部爆発させるような曲だなという印象があって。一つの歌だけど、二人の登場人物がいるような曲で、それを一人で歌うのが難しかったです。そういうところで、感情表現の面で勉強になりましたね。それに、「WHOLE LOTTA LOVE」とはまた違うカッコ良さを持った曲なので、ぜひ両方を聴いて欲しいです。

アヤ・エイトプリンス:私は、この曲には参加していないんです。すごく歌いたかったんんですよね。私も最後にプーちゃんと音源を残したかったなと思って。

一同:ああ、そうだね……。

アヤ・エイトプリンス:「DiPROMiSE」のサビの歌詞は共感できる部分があるから、歌いたかったなという一言に尽きます。


▲アヤ・エイトプリンス

ペリ・ウブ:そうか……。じゃあ、カラオケで、プー・ルイと一緒に歌いなよ(笑)。

アヤ・エイトプリンス:そうだね(笑)。

一同:ええっ? そういうので良いの?

アヤ・エイトプリンス:うん。最終手段は二人でカラオケに行って、プーちゃんと歌って、その動画を配信していただきます(笑)。

ももらんど:その時は、私も行く。「DiPROMiSE」は聴いた時に、イントロがオシャレだなと思いました。最初は歌詞がついていない状態で聴くので、オシャレで、カッコいい曲だなと思っていたんです。でも、歌詞が送られてきたら、もう意味があり過ぎて、プーちゃんのことが浮かんできて、淋しい気持ちになりました。レコーディングの時は、最初に聴いた時に感じたオシャレな雰囲気とかは飛んでしまって、すごく熱い気持ちになって歌いました。この曲のサビは激しいけど、サビもがんばって歌いました。最近は声が出るようになったと言われていて、サビも使ってもらえるかなと期待していたけど、使ってもらえなかったんですよね……。それが残念なので、今後はこういう激しい曲のサビとかでも自分の歌が使ってもらえるように、もっとがんばっていこうと思います。


▲ももらんど

キカ・フロント・フロンタール:ああ、ももちゃんの話を聞くと、涙が出そうだわ。デビューしたての頃のももちゃんは、お話もできないような感じだったんですよ。それが、こういう激しい曲を歌えるようになったなんて……。

一同:お母さんじゃないんだから(笑)。でも、その気持ちは分かる。

キカ・フロント・フロンタール:でしょう? これからのももちゃんが楽しみだよね。私は「DiPROMiSE」の歌詞をもらって読んだ瞬間、もう涙がとまらなかったです。歌詞をパッと見ると単純に卒業の歌だなと感じると思いますけど、私達メンバーだからこそ分かる渡辺マネージャーからプーちゃんへの想いが潜んでいるような気がして。もうね、泣いちゃいました。レコーディングの時も自分の内面の想いを全部ぶつけようと思って……というか、自然とそういう状態になって歌っていました。


▲キカ・フロント・フロンタール

――皆さんのプー・ルイさんへの想いが強く響いてくる仕上がりになっています。さて、新しいシングルは聴き逃せない一作になりましたし、3月4日に両国国技館で行われる新生BiSのスタートとプー・ルイさんの卒業を飾る特別公演も必見です。

キカ・フロント・フロンタール:両国国技館の公演はプー・ルイとカミヤサキを送り出すことと、アヤちゃんを迎え入れえることはしっかりやりますけど、それに負けないくらい、この六人のBiSの印象を残したいです。どういう構成でライブをするのかまだ分からないけど、きっとこの六人でも曲を披露すると思うんですよ。なので、新生BiSもすごく良いなと感じてもらえるようにがんばります。

ももらんど:3月4日は、新生BiSの第一印象が決まる日だと思うんですね。なので、“これがBiSだ!”という感じのカッコいいステージを見せたいというのがあって。私は、もうこんな感じで(握った両手の拳を上下に振っている)、今から気持ちを高めているんです。3月4日のライブは、そういう気持ちで臨みます。

アヤ・エイトプリンス:3月4日は自分的にもいろんな節目になる日だと思うので、すごくモチベーションが上がっています。新生BiSは楽しみだねと、みんなに言ってもらえるようなパフォーマンスをしたいですね。あと、プー・ルイさん卒業ですけど、私はトレードでしばらくBiSにいなかったので、淋しい気持ちが大きくて。もっと一緒に活動したかったなという気持ちがあるんです。だから本当に淋しいけど、ネガティブな気持ちに引っ張られてしまうのは違うと思うので。最後にプー・ルイが輝けて、みんなで彼女を気持ち良く送り出せるライブにしたいと思っています。

パン・ルナリーフィ:私がBiSに入ってから、プーちゃんとサキちゃんがいる七人でずっと一緒に活動してきたから、もちろん淋しい気持ちはあります。でも、今は六人で練習したり、新しい曲をレコーディングしたりするたびに、すごくワクワクしているんです。なので、良い形でプーちゃんを送り出しつつ、今の良い空気感が伝わるライブにしたい。3月4日は七人のBiSと六人のBiSを見に来る人がいると思いますけど、全員が六人のBiSを見て、これからもずっと応援していきたいと思ってもらえるようにがんばります。


ゴ・ジーラ:3月4日は、祭りにしたいです。もう、プー・ルイの卒業も、私達の始まりも全部。BiSが再始動してから一番大きなステージでライブができるし、多分一番多くのお客さんが来てくださると思うんですよ。なので、卒業と始まりを「祭りだぁ!」という感じで盛大に、楽しくやりたいなと思っています。

ペリ・ウブ:3月4日は大事なライブだと思うけど、私の中ではいつもと同じです。どんなライブも、その日、その瞬間でしかないから、いつも本気で今できる限界までやって、それを毎回超えていきたいと思っているので。だから、3月4日も同じで、特別何かが違うということはないです。卒業とトレードはありますけど、いつもと同じように全力で挑んで、最高を更新したい。それがプー・ルイへの一番の贈り物になると思うし、そういう気持ちでライブをすることで、来てきれた人達に六人になっても見たいと思ってもらえるだろうから。そういうライブをして、それをまた私達六人で超えていきたい。3月4日は、そういう意識で臨みます。

■『DAM CHANNEL TV』でイジられまくるキカ・フロント・フロンタール


『DAM CHANNEL TV』に出演したBiSのトークは、MCを務めるDream Amiがキカ・フロント・フロンタールをイジることからスタート。Dream Amiの「いつも、こうなんですか?」という質問に対するキカ・フロント・フロンタールの「通常運転です。なにか?」という応えにスタジオ内は笑いが起こり、和やかなムードで収録は始まった。

その後は、3月7日にリリースされるBiSのニュー・シングル「WHOLE LOTTA LOVE/DiPROMiSE」の話へ。収録曲2曲が持つ意味合いや、“WHOLE LOTTA LOVE”というタイトルにちなんで最近メンバーが愛を注いでいるもの、レコーディングの雰囲気などが語られた。


シングル以外にも「改めてBiSは、どんなグループでしょう?」という質問にペイ・リブが「一人一人が宝石みたいなグループです」と応えたり、「休日はなにをしていますか?」という質問に「昼から立ち飲み屋(笑)」とキカ・フロント・フロンタールが即答したり、「今までの活動でやりたくなかったことは?」という話題で、スクワットをしながら歌う「パプリカ」のパフォーマンスや100kmマラソン、車中泊などがあがるなど、いろいろな話題でトークは明るく弾んだ。

個性の異なるBiSのメンバー六人がワイワイ・ガヤガヤと話す姿は本当に楽しいので、ぜひカラオケCLUB DAMで『DAM CHANNEL TV』をチェックして欲しい。

取材・文●村上孝之

BiSは、カラオケの第一興商が強力プッシュする3月度D-PUSH!アーティストに決定しており、「WHOLE LOTTA LOVE」「DiPROMiSE」の2曲が3月1日より順次配信される。またミュージックビデオは、カラオケ背景画像の本人出演映像(今だけクリップ)に3月11日から順次配信。さらに、カラオケ演奏の合間に放映される音楽情報コンテンツ「DAM CHANNEL」内のD-PUSH!コーナーにゲスト出演し、パーソナリティとのトークを楽しませてくれる。DAM express(目次本)でも、D-PUSH!ページにてインタビュー記事、アーティスト写真、ジャケット写真が掲載される。そしてリリース情報、インタビュー記事がclubDAMサイト(http://www.clubdam.com)でも掲載される。カラオケ店やWEBで、BiSとの出会いを楽しんでほしい。

インタビューの続きは以下のサイトで。
◆http://www.clubdam.com/

リリース情報

「WHOLE LOTTA LOVE / DiPROMiSE」
2018年3月7日リリース
・初回生産限定盤:CRCP-10392/¥3,800+tax
・通常盤:CRCP-10393/¥1,000+tax
【収録内容】
-CD-
1.WHOLE LOTTA LOVE
2.DiPROMiSE
3.WHOLE LOTTA LOVE instrumental
4.DiPROMiSE instrumental
-DVD- ※初回生産限定盤のみ
2017.10.6.「IDOL is DEAD」@赤坂BLITZライブ映像
【収録内容】
1.SOCiALiSM
2.CHANGE the WORLD
3.ぎぶみあちょこれいと
4.Never Starting Song
5.パプリカ
6.I can't say NO!!!!!!!
7.Give me your love 全部
8.nerve
9.My lxxx
10.NOT the END
11.IDOL
12.ロミオの心臓
13.Happy Birthday
14.twisted grunge
15.Fly -Brand-new BiS ver-
16.gives
17.BiSBiS
EN1.primal.
EN2.レリビ

ライブ・イベント情報

<BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL??>
3/4(日)東京・両国国技館
OPEN 17:00 / START 18:00
http://w.pia.jp/t/bis/

<発売記念ミニライブ&特典会>
3月3日(土)14:30~ 「BiS FREE WiNTERLAND」
会場:臨海副都心・青海南駐車場J区画
3月5日(月)19:30~
会場:タワーレコード 新宿店7Fイベントスペース
3月6日(火)19:00~
会場:タワーレコード渋谷店 B1F CUTUP STUDIO
3月7日(水)19:00~
会場:ダイバーシティ東京 プラザ 2F フェスティバル広場
3月11日(日)14:00~
会場:東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ

<EVOLUTION POP! Vol.31 BiS×GANG PARADESPECIAL 2MAN SHOW!>
【出演】
BiS/GANG PARADE
2018年3月27日(火) TSUTAYA O-WEST
【問合せ】TSUTAYA O-WEST TEL:03-5784-7088

◆インタビュー(1)へ戻る

関連画像&映像

◆BiS 画像&映像
twitterこの記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス