インターネット生放送向にぴったりな「MiNiSTUDIO」にマイク&ヘッドホンを同梱したスペシャルパッケージが登場

twitterツイート

この春から「インターネットライブ配信したい」「音質のいい動画を作りたい」「本格的にパソコンで作曲を始めたい」など、新たな挑戦をしたいという人を応援するスペシャルパッケージが数量限定で登場。インターネット生放送にぴったりなUSBオーディオインターフェイスとして人気の「MiNiSTUDIO」シリーズに、マイク、ヘッドホンをセットにした「MiNiSTUDIO CREATOR US-42-SP」と「MiNiSTUDIO PERSONAL US-32-SP」がティアックのTASCAMブランドから2月下旬より発売される。

2016年に開催された「ニコニコ超会議」で発表され、注目を集めた「MiNiSTUDIO」シリーズは、カンタン操作で音声演出が楽しめるインターネット生放送向け家庭用放送機器。シンプル操作でインターネット生放送に機能を絞ったエントリーモデルの「MiNiSTUDIO PERSONAL」、モード切り替えで生放送に加え音楽制作用途にも対応するハイグレードモデル「MiNiSTUDIO CREATOR」がラインナップされる。

今回登場したスペシャルパッケージは、この2つのインターフェイスにそれぞれコンデンサーマイク「TM-80」とヘッドホン「TH-02」をセットにし、高音質なインターネット配信や音楽制作が始められるオール・イン・ワンなセットとなっている。メインのオーディオインターフェイスは、Windows、Macに加えiOSにも対応。音楽制作用のマイクだけでなく、ヘッドセットマイクや4極イヤホンマイクが使えるほか、テレビ番組のように拍手や歓声、効果音を本体のボタンを押して再生するPON機能、ボイスエフェクト、リバーブも搭載するなど、多機能なのがウリ。ハイグレードモデル「MiNiSTUDIO CREATOR」は4バンドイコライザーと本格的なコンプレッサーも備える。

▲2つのXLR/TRSコンボジャックとギターを直接つなげるインストゥルメント入力を備えたハイグレードモデル「MiNiSTUDIO CREATOR」(左)と、本体にマイクを内蔵し、手軽に配信が行える「MiNiSTUDIO PERSONAL」(右)。

コンデンサーマイク「TM-80」は、18mmの大型ダイヤフラム(振動板)を持ち、ボーカルをはじめアコースティック・ギターや管楽器の収音などさまざまな用途で活躍。振動を吸収するサスペンションとケーブル、デスクトップスタンドもセットになっており、初めて購入するコンデンサーマイクとして最適なアイテムとなっている。


▲「TM-80」は、インターネット配信やデコーディングに欠かせないアクセサリーもセット。

ステレオヘッドホン「TH-02」は密閉型で、装着感のよいイヤーパッドとヘッドバンドで自宅でのモニタリングにぴったりな仕様。18Hzから22kHzの広い周波数特性を持ち、ミキシング時のモニタリング用としてもクリアでワイドレンジなサウンドを提供する。

▲「TH-02」は、装着性が良く遮音性の高いイヤーパッドにより、放送収録や楽器のレコーディング時に、マイクへの音漏れを気にすることなく使用可能。

製品情報

◆MiNiSTUDIO CREATOR US-42-SP
価格:オープン(ティアックストア価格 19,440円 税込)
◆MiNiSTUDIO PERSONAL US-32-SP
価格:オープン(ティアックストア価格 17,280円 税込)
発売日:2018年2月下旬
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報