羽生結弦選手エキシビション使用曲「星降る夜」、Amazonのチャートで前日比4,932%アップ

ツイート


イタリアの若手オペラ歌手3人組“イル・ヴォーロ”が2011年に発売したデビュー・アルバム『イル・ヴォーロ』の収録曲「ノッテ・ステラータ(星降る夜)」が、話題となっている。

◆アルバム『イル・ヴォーロ』 ジャケット画像

同曲は、羽生結弦選手が平昌オリンピックの閉会式に先立ち、2月25日に江陵アイスアリーナで行われたフィギュアスケートのエキシビションでトリをつとめた際に使用しており、その演技の美しさと相まって、楽曲にも注目があつまった。

演技終了後、この楽曲はAmazonのデジタル配信チャートで急上昇し、なんと前日比4,932%アップを記録(Amazonデジタルミュージック人気度ランキング:2月25日)。他の配信チャートでも反響があり、前日比3,000%のダウンロードとなっているようだ。さらにCDにもオーダーが殺到し、品切れとなったため現在急ピッチで製造されているという。

▲アルバム『イル・ヴォーロ』

またユニバーサルミュージックのサイトでは、この楽曲の歌詞・対訳が本日より期間限定で掲載されている。

■歌詞・対訳 掲載ページURL
https://www.universal-music.co.jp/il-volo/news/nottestellata-lyric/

■イル・ヴォーロ デビュー・アルバム『イル・ヴォーロ』
試聴、購入、ダウンロード
https://lnk.to/NotteStellata

この記事をツイート

この記事の関連情報